毎週月曜~金曜 夕方6:15~7:00放送

だし巻き卵やチャーハンなど…意外と難しい定番料理の作り方 おいしく・美しく作るコツとは

毎日の暮らしに役立つ情報をお届けする「くらしのアイデアパーク」。
今回のテーマは「簡単そうで作るのが難しい料理」です。

[アンケート]作るのが難しかった料理は?

料理は、おいしく・見た目もきれいに作りたいと思うのですが、実際に作ってみると意外と難しかった……という経験、皆さんはありませんか?
Park KSBアプリでアンケートしたところ、半数以上の方が「作るのが難しかった料理がある」と答えました。

実際にどんな料理が難しかったかを尋ねたところ、90品目以上が上がりました。上位には「卵焼き」や「カレー」「チャーハン」など定番の料理が並んでいます。

そこで今回は「簡単そうで作るのが難しい料理」をうまく作るコツをご紹介します。

Wabi-かふぇ/筒井雄一 オーナー

教えてくれるのはサンメッセ香川に店を構える「Wabi-かふぇ」のオーナー・筒井雄一さんです。

【うまく作るコツ①】だし巻き卵

まず教えてもらったのは「だし巻き卵」をうまく作るコツです。アンケートでは「うまく巻けない」「ふわっとしない」「焦げやすい」という意見がありました。そのお悩みを解決します!


【だし巻き卵をうまく作るコツ】
・卵の生地は3回こして滑らかに
・火力は強火で
・巻くときはヘラを使う


■手順
①泡立て器を使って卵白を切るように卵を溶き、ある程度溶けたらだしと混ぜる。溶いた卵は、ざるで3回こして、卵白をさらに細かく切る。

【ポイント】
3回こすことで卵が滑らかになり、ふわっと仕上がりやすくなる。


②卵を強火で焼く。卵が少し固まってきたらフライパンを一旦火から離して巻く。

【ポイント】
卵を焼くときに注意すべきは「火力」。ふっくら仕上げるためには短時間で仕上げないといけないので、強火で半熟の状態で巻く。


③二巻き目からは、ヘラを使って巻いていく。

【ポイント】
特にテフロン加工のフライパンは滑りやすいので、ヘラを使うのがおすすめ。


こうして作った「だし巻き卵」はごらんの通り。焦げずにふっくらと焼き上がりました。

【うまく作るコツ②】チャーハン

アンケートでは「家庭の火力では、なかなかパラッとはできない」などの意見があった「チャーハン」。しかし、ひと手間加えれば家庭の火力で「パラパラ」が可能なんです!


【チャーハンをうまく作るコツ】
・温かいご飯を使う
・炒める前に卵とご飯を絡めておく
・フライパンを振ってはいけない
・火力はずっと全開で


■手順
①炒める前に、溶いた卵の半分を温かいご飯と絡めておく。


②ニンニクとショウガとネギを油で炒め、火が通ったところで残りの卵を加える。火が通ったら一旦フライパンの中身を取り出す。

【ポイント】
最初は触らずに、少し火が入ってきたらかき混ぜる。


③フライパンに油(大さじ3)を入れ、ご飯を炒める。

【ポイント】
ご飯を入れたあと、フライパンは振らない(かき混ぜるのはOK)。フライパンを振ると、火からフライパンが離れご飯の温度が下がり、パラっと仕上がらない。


④炒めた卵、残りの具材、味付けのためのスープ(中華スープ+しょうゆ+ごま油)を加える。(ある程度卵の水分が飛んで、パラパラなってきたら、フライパンを振ってもOK)

【ポイント】
家庭用コンロの場合、火力はずっと全開で。


パラパラだけどしっとりとしたチャーハンの出来上がりです。決して、水分が少なく「パサパサ」の状態ではありません。お伝えした手順を守れば、おいしいチャーハンに仕上がります。

【うまく作るコツ③】かき揚げ

アンケートでは「サクサクに揚がらない」「揚げている間にバラバラになる」といった部分が難しいという意見があった「かき揚げ」。でも、安心してください。解決方法があるんです!


【かき揚げをうまく作るコツ】
・天ぷら粉はざるでこす
・衣をつけすぎない
・油の温度は180度


■手順
①具材の水分をキッチンペーパーで取る。


②市販の「天ぷら粉」は一度ざるでこし、そこに水を加えて衣を作ります。

【ポイント】
天ぷら粉をざるでこすことで、ダマにならないようにする。


③かき揚げの具材に薄力粉をまぶし、衣をつける。

【ポイント】
「どれだけ衣を少なく揚げるか」がサクッとあげるポイント。薄力粉をまぶすことによって、天ぷら粉自体を少ない量で揚げることができる。衣をつけすぎないよう気を付ける。


④お玉などでひとかたまりにしながら180度の油の中につける。落としたらほぐして、ある程度平べったくする。ほぐした後で形を作っていく。(丸く仕上げたい場合は、鍋の縁を使って押さえる)


⑤最後にかき揚げを縦にして、しっかりと油を切れば出来上がり。


かき揚げも少し手間をかけることでバラバラにならず、サクッとおいしく仕上がります。

動画はこちらから