毎週月曜~金曜 夕方6:15~7:00放送

パサつく髪が気になる冬。プロに聞く!乾燥を防ぐ手入れの方法

空気が乾燥する冬。これからの季節は、肌だけでなく髪の毛も乾燥するんです。
そこで、今回の「くらしのアイデアパーク」では、この時期取り入れたい髪のケアについて、プロに教えていただきました。

「寒くなってきて髪の毛が広がる・パサつく・切れる、いろいろ問題が起きているんですけど、これどうしてでしょうか?」
「一番考えられるのは、エアコンかなと思うんですけど、そのエアコンの空気が乾燥に繋がるかなと思うんですよ」

KOKOMO高松 代表 山地優さん

高松市の美容室「KOKOMO」の代表で、年間延べ2500人にヘアカットなどをする山地優さんに乾燥を防ぐ、手入れの方法を教えてもらいます!

【1】シャンプー前に一手間!髪を濡らす前にブラッシング

シャワーで髪を濡らす前に、まずは髪をブラッシング。
汚れやほこりを取り除くほか、髪のからまりがとれるので水に濡れたときのダメージを軽減することができます。

ブラッシングをしたら髪を洗っていきます。
ここでもポイントが…しっかり髪をお湯で流すこと!

「お客様にも飽きるぐらいまでは流してほしいと伝えています。シャンプー前にお湯で流すことで、汚れや皮脂が7割ぐらい取れるといわれています」

事前にある程度汚れをとることでシャンプーしたときの泡立ちがよくなります。
山地さんによると、しっかりと泡立てて洗うことで摩擦による髪のダメージを防ぐことができるそうです。
また、シャンプーするときは毛先までもみほぐすように洗ってください。

【2】トリートメントのコツ 指を滑らせ髪の表面を整える

トリートメントは、軽く水気を切ってから。
「毛先をちょっと揉みこんであげるというか、指を滑らせてあげて、表面を整えてあげるともっと入りがよくなる」


山地さんによると、両方の手のひらで滑らせながら広げるとやりやすいそうです。

【3】ドライヤー前にも一手間!乾かす前にもブラッシング

洗い流した後はドライヤーで乾かしますが…ここでもポイントが!

ドライヤーの前にブラッシングをすることで、絡まりだけでなく髪の水分をある程度とることができます。

ドライヤーは、襟足や耳裏などの乾きにくい部分の毛元から毛先に向けてあてていきます。

「ストンときれいに落ちる感じ。しっとり、まとまりやすくなりました!」

この冬おすすめのヘアアレンジ

髪がツヤツヤになったところで、山地さんにこの冬おすすめのヘアアレンジも教えてもらいました。

160度のアイロンで内側の髪を外巻きに…表面の髪は内巻きにしていきます。

「やっぱり乾燥で広がったり毛先がちょっとかわいそうになっているっていうのとちょっと素材を生かすという髪型ではなくなってしまうので」

そして完成がこちら!

髪の表面にできるつやがまるで天使の輪、内と外に巻いた毛先が天使の羽のよう…ではないですか?

髪は体の一部なので、髪のケアだけでなく、水分をしっかり取るなど、体の中から保湿してあげることも大切です。
体の内面、そして髪の毛毎日のシャンプーに一手間かけて、ツヤツヤの髪を手に入れましょう。