新しい技術を使って
ニーズを解決していく
だからこそ、縁の下はおもしろい!

技術ユニット
大西 智博

エンジニア×地域貢献

私は就職活動をする上で、大切にしている2つの軸がありました。1つは大学で電気系を専攻していたので、エンジニアとして活躍したいという思い。そして、もう1つは地域を元気にしたいという思いです。学生時代、J2ファジアーノ岡山を応援していた私は、学生団体に所属し、JR岡山駅とスタジアムを結ぶ商店街をサッカーの力で活性化させようという取り組みに力を入れていました。試合結果を書いたタペストリーを商店街に掲示したり、サポーターが書くことができる応援メッセージボードを設置したり、ファジアーノファンに商店街を知ってもらうきっかけ作りに励んでいました。そこで、自分が好きなものに携わって、地域が元気になる達成感や楽しさを実感しました。

入社2年目でプロジェクトリーダー!?

技術ユニットでは主に、KSBの放送波を岡山・香川の各家庭に届ける「送信」、スタジオ、サブ、中継現場の放送設備を設計・運用する「制作技術」、2020年秋に稼働予定の新社屋への新しい放送設備の導入、この3つを担当しています。特に新社屋の事業では自分がプロジェクトリーダーとなって、約10社のメーカーと交渉しながら、放送の根幹を支える配線(放送用ケーブル)の設計や管理をしています。2年目の私が何千万円という設備投資の責任者ってちょっとビビりますよね。笑 そして、新社屋は全体で何十億円という設備投資事業です。その中でも特に技術ユニットは使う金額も大きいですが、自分たちの仕事次第ではそれ以上の大きな価値を生むことができると思っています。これほどの大規模な仕事は技術ユニットならではだと思います。

私たち技術ユニットはニュースや制作番組の内容に直接関わることはありません。しかし、その放送自体を支えています。テレビ局という発信力、影響力がある会社の土台を支えているという自負はあります。よく縁の下の力持ちと言われますが、その縁の下にはけっこうやりがいがあるものがありますよ。

新社屋からは最先端の放送をお届けします!

今後は社内のニーズと新しいテクノロジーを掛け合わせていきたいと思っています。ただ、テクノロジー先行ではなく、ニーズ先行であるべきと思っています。各部署のニーズを広くくみ取り、テクノロジーでアプローチし、解決していきたいですね。

具体的に言うと、報道や制作は絶対にテロップのミスはしてはなりません。ただ、人が関わっている以上、ミスは起こります。そこで、新社屋ではAIを使ったテロップの自動校正のシステムを入れようとしています。これがうまく導入されれば、記者やテロップを作る人の負担が減りますし、ミスも減らすことができます。また、ゲームで使われているような高精度のCGを放送に応用した「アンリアルエンジン」と呼ばれるバーチャルスタジオの導入も検討しています。これにより、現実と見まちがえるようなバーチャルのスタジオを演出できます。AIテロップやアンリアルエンジンは、現時点ではローカルテレビ局の中で最先端の設備だと思います。新社屋からの放送が始まったら、KSBの放送がガラッと新しくなりますのでお楽しみに!

自由度が高いからこそ求められるスキル

私の仕事では、社会人としての総合的なビジネススキルと、技術という専門的なスキル、その両方が必要だと思っています。社内のニーズを把握するために必要なのが社会人的なスキル、具体的な解決策を出すために必要なのが技術的なスキルだと思います。そして、KSBにはその両方のスキルを高いレベルで備えている先輩が多いです。そんな先輩に日々相談しているからこそ、自分のレベルより高い業務にチャレンジできています。

また、KSBは自由度が高い会社です。ルーティーンの仕事はほとんどなく、明日何をすべきか?今、何が優先か?を考え、自分で予定を組んでいます。特にロジカルに考えて自分で判断していく力が必要だと思います。経験則で判断することも必要ですが、大きなプロジェクトや関わる人が多い複雑な案件は、経験では判断できません。学生の皆さんも論理で判断して、結論を導き出す力をぜひ持ってください。

応募はこちらから

プロフィール

2018年8月入社/兵庫県出身
岡山大学工学部

プロジェクトが進んでいた新社屋の設備導入に早くから携わりたいと思い、大学院を途中で辞め、KSBに入社。2年目ながら、送信、制作技術、新社屋関連と幅広い業務を担当。

とある1日の仕事の流れ

9:30
出社
10:00
メールチェック
11:00
中継局出向
メーカーと新設する送信機の現地下見、打ち合わせ
13:00
昼食
14:00
帰社
14:30
メーカーと新社屋の配線について打ち合わせ
17:00
社内にてインターネット配信機材の導入についての検討打ち合わせ
18:00
システム図面や資料の確認
20:00
退社