大雨警戒レベルの導入で避難情報はどう変わる?

昨年の西日本豪雨を受けて、国は今年5月から大雨災害に関する情報の伝え方を変えました。

大雨災害の際にとるべき行動を5段階に分けて伝える「大雨警戒レベル」の導入です。気象庁が気象情報などと、市町村が出す避難勧告などの避難情報を知らせるものです。

レベル1と2は気象庁が発表し、レベル3~5は市町村が発令、「警戒レベル4」で直ちに全員避難を表します。

なぜこのような警戒レベルを運用することになったのでしょうか。

おすすめの記事

“その時”のために…地震研究の最前線

西日本豪雨でも多くの被害が…ため池の危険性とは? 岡山

減災へ…防災士になろう!

西日本豪雨で被害 自宅と土地を担保に家を再建 長年住み慣れた町に戻る人々 岡山・倉敷市

家族で作る災害行動メモ 「みまもーる」 ―命をまもろう!KSB防災事典―

災害に備える 防災グッズ最前線

熊本地震から2年 高める防災意識ー命をまもろう!KSB防災事典ー

西日本豪雨から間もなく1年 それぞれの住宅の改修

「ローテク防災術」を学ぼう!

新しい洪水浸水想定区域発表

大雨から1週間、新見市の今は? 私たちができる備えとは?

この時期増える火災…身を守るための行動は?ーその道のプロに聞けー

<新型コロナ>見直される「避難の在り方」 岡山県の現状や私たちができることは?

知識を深める防災展ー命をまもろう!KSB防災事典ー

防災意識高まる 津波避難施設

赤十字講習会で学ぶ 炊き出しや応急手当ての方法―命をまもろう!KSB防災事典ー

命をまもるタイムライン

西日本豪雨からまもなく2年 県内の被災地はどう変化?

西日本豪雨の経験を地域でどう生かす? 災害に備え住民がつくる「自主防災組織」

「寒い冬を乗り切れ!体のお悩み解消法」ーその道のプロに聞け!-

災害時の非常食クッキング

岡山・新見市の大雨から1カ月 土石流があった被災地の今

女性ならではの防災を…身近なものが防災グッズ ー命を守ろう!KSB防災辞典ー

梅雨・台風 大雨に備える

南海トラフ巨大地震 “海に沈んだ村”研究に密着

自力での避難が難しい災害弱者、どう守る?

西日本豪雨を機に運用問われる「陸こう」岡山・高梁市でも閉じられず

低すぎ!?防災意識を高めよう -命を守ろうKSB防災事典-

防災機能を集約した新拠点 高松市防災合同庁舎を探訪

ヘルプマーク知ってますか?

鳥取地震から考える防災意識  地震発生直後の被災地は…

功労者に聞く「防災・減災」へのヒント

自助に役立つ防災センター

消防と大学が連携 災害対応の「ピクトグラム」―命をまもろう!KSB防災事典ー

訪日外国人を災害から守る避難誘導訓練ー命をまもろう!KSB防災事典ー