KSB開局50周年記念特別企画

番組ロゴ

現存する日本最古の芝居小屋、香川県琴平町の旧金毘羅大芝居(金丸座)で4月に開かれた「四国こんぴら歌舞伎大芝居」。35回の節目の公演で座頭を務めたのは、中村勘九郎さん。弟の中村七之助さんや、中村扇雀さん、市川中車さんらが脇を固める。こんぴら歌舞伎スタートの立役者、故・中村勘三郎さんの「果たせなかった約束」を背負って舞台に立つ俳優陣、公演を支えてきた琴平町民の思いとは?
今回の演目の見どころや、昭和から平成、令和へと引き継がれる江戸のエンターテイメントの魅力も分かりやすく伝える。

ページの先頭へ