にこまるinfo 毎週月~金曜 ごご3:37~3:45放送

にこまるキッチン

太白胡麻油を使った フルーツチョコクレープ

2021年7月9日放送

太白胡麻油を使った フルーツチョコクレープ

2021年7月9日放送

太白胡麻油をクレープ生地に加えると、自然なコクが加わり、生地だけでも美味しいクレープになります。その上、生地がなめらかになり、焼きやすく、きれいな焼き目がつきます。
また、太白胡麻油の乳化性の良さをいかし、板チョコを簡単に風味の良いチョコソースに変身。旬のフルーツと生クリームとともに盛り付け、仕上げにチョコソースを添えます。

材料

  • ●クレープ生地(6~7枚分)
  • 薄力粉100g
  • きび糖大1
  • ひとつまみ
  • 1個
  • 牛乳約200ml
  • 太白胡麻油大1
  • フライパン用太白胡麻油小2
  • ●フルーツ(適宜) ※旬のものを使うとよりおいしい
  • バナナ
  • 黄金メロン(香川県産)
  • 小原紅早生
  • すもも
  • 生クリーム、ミント適宜
  • ●チョコソース
  • チョコレート30g
  • 太白胡麻油小2
  • きび糖小1

作り方

  1. ボウルに薄力粉、きび糖、塩を合わせ、真ん中にくぼみを作る。
    牛乳を少し入れ泡立て器で少しずつ混ぜる。
    卵を割り落とし、溶き混ぜる。残りの牛乳を少しずつ加えて混ぜる。
    太白胡麻油を加えて混ぜ、1時間ほど冷蔵庫で休ませる。
  2. フライパンに太白胡麻油を弱火で熱し、クレープ(約6~7枚)を焼く。
  3. チョコレートを耐熱ボウルに割り入れ、ラップをして500wのレンジで約1分加熱する。
    太白胡麻油ときび糖を加え混ぜ、チョコソースを作る。
  4. クレープに切り分けたフルーツと生クリームを盛り付け、チョコソースをかけ、ミントを添える。