活動報告
 
2017年度 児童・生徒環境美化絵画・イラスト展
 
香川県内の小中学生を対象に、環境美化を訴える絵画・イラストを募集。
2017年度は、小学生27点、中学生100点の合計127点の応募がありました。
 
なお、応募作品は下記日程で、2会場にて展示します。
◆ 展示1 :全ての応募作品
日程:2017年11月21日(火)〜2017年11月27日(月)
場所:市民交流ブラザ 『IKODE瓦町』 イベント展示スペース
   〒760-0054 香川県高松市常磐町一丁目3番地1 瓦町FLAG 8階
時間:10時〜21時
◆ 展示2 :全ての応募作品のうち優秀作品23作品
日程:2017年12月1日(金)〜2018年1月10日(水)
場所:与島プラザ
   〒762-0071 香川県坂出市与島町587
時間:10時〜16時(平日)・10時〜17時(土日祝)
 
児童・生徒環境美化絵画・イラスト展 審査結果
 
2017年9月29日(金)KSB瀬戸内海放送2階会議室にて審査会を行いました。
 
香川県知事賞

地球の資源に限りがあることを、見る人たちに伝えたいという思いを表現している。列をなす沢山の人達が買い求めるのは、ソフトクリームに見立てた地球の資源。これらを親しみ易く温か味のある図柄に表している。

高松市長賞

テレビで報道されているゴミ屋敷などの問題を考えさせられる作品。この作者は、深刻な問題を見る人が素直に受け取ってくれるよう、明るい画面を丁寧な彩色とレタリングで表現している。

香川県教育長賞

明るい未来と自然との共存をテーマに、素直で明るい画面で表している。優しさが前面に出る作品になっている。

高松市教育長賞


 
色紙や印刷物を細かくちぎって貼り付けた3本の大きな木が印象的。その木に集い遊ぶ子どもや動物たちが楽しく色鮮やかに表現されている。見る人に明るい未来と笑顔あふれる毎日にしたいと思わせてくれる作品。

財団理事長賞


 
流氷に乗って流れるペンギンの姿を、節電というテーマで優しく問いかける作品。

奨励賞 奨励賞


地球と私たち人間、動物、植物はお互いに守り育て合っていることを楽しいイラストで表現している。ひとつひとつの形や色を丁寧に描き込んだ美しい仕上がり。擬人化した木の個性あふれた形が印象に残る作品。


有名な俵屋宗達の「風神雷神図」より発想し、ユーモラスに節電を呼びかける作品に仕上がっている。

奨励賞 奨励賞


明と暗、善と悪というような対比で画面構成した作品。現在を表す、黒をバックに表現された枯れ木や地割れ。それに対し、紙を剥がすように現れた未来の姿と苗木が、時をかけて甦った世界を表す画面で、見る人に考えてほしいことを呼びかけている。
工場が生産活動で産み出す大気汚染を地球に見たてた風船が吸い込んでいる。「まもなく破裂、破滅寸前である」ということに気付いてほしいという作者の想いが描かれている。

佳作 佳作


人とカブトムシを大きく仮面に取り入れて、それぞれを力強くしっかりとクレパスで塗り込んでいる。また、カブトムシや人の顔の表情もよく描けていて、作者の想いが強く伝わる作品。
美しい透明感あふれる青い海に潜る女の子。色鮮やかな熱帯魚の世界を物語のように感じさせる作風。それぞれの配置をよく考えたまとまりのある構図で、見る人に、このような海に潜ってみたいと思わせる作品。

佳作 佳作


美しい山川に育成する蛍とそれを喜ぶ人物の組合せを生き生きと表現している。飛ぶ蛍と草に静止する蛍の対比が効果的で、それを見る人の表情も魅力的。私たちに美しい自然を大切に守りたいという気持ちにさせる作品。


山の斜面いっぱいに大きな切り株の群れ。切り倒された樹木の数々。一目で分かる世界を表し、社会問題となっているテーマを問う作品になっている。

児童・生徒環境美化絵画・イラスト展 表彰式
 
2017年10月30日(月)KSB瀬戸内海放送2階会議室にて表彰式が開催されました。
 

理事長挨拶

来賓挨拶

香川県知事賞 表彰

高松市長賞 表彰

香川県教育委員会教育長賞 表彰

高松市教育委員会教育長賞 表彰

財団理事長賞 表彰
受賞者集合写真
たくさんのご応募ありがとうございました。