アナウンサーズブログ

2016年08月02日(火) 岡山大会決勝♪

担当:

2週間に渡って行われた夏の高校野球。

今年は、岡山大会と香川大会が同日決勝に!

C360_2016-07-25-11-07-12-332

 

実況の斎藤アナと、

解説の岡山東商時代には3期連甲子園出場を果たした伝説のピッチャー、原邦彦さんとともに

マスカットスタジアムの放送席から岡山大会の中継をお伝えしました★

 

C360_2016-07-25-12-29-00-778

記念すべき、初放送席!!

私は「サブ実況」なるものをさせてもらったのですが、

どういうものかというと・・・

 

斎藤アナ

「マウンドには、最速154キロのエース。創志学園、高田萌生!」

佐田

「高田くんは、野球漫画を読むのが好きで、ダイヤのAなどを読むようです」

 

 

斎藤アナ

「バッターボックスには、玉野光南・小見山!」

佐田

「小見山くんは、けん玉検定2段だそうです。やっぱり、野球が上手いとけん玉も上手いんですかね?」

原さん

「関係ないと思いますよ」←きっぱり

 

こんなシュールなやりとりをしていました。

でも、ふざけているわけではありません!!

選手を身近に感じてもらい、選手の魅力を伝えたいというのが今回のテーマだったんです。

 

スーパー高校生と言われている高田くんが、マンガ好きという普通の高校生らしい一面もあると知れば

親近感がわきませんか!?

今どきの高校球児の特技が「けん玉」と聞いたら

感心しませんか!?

 

選手ひとりひとりの「素」を伝えられたらな、と思って中継に臨みました。

 

 

 

そして、この岡山大会決勝には劇的な結末が。

詳しくは、ネットニュースでもたくさん出ているので省略しますが、

両校の選手とも、素晴らしく大人な対応だったと感じました。

 

創志の選手たちは、審判が話し合っている間すでに泣いている子もいましたが

そこからよく気持ちを切り替えられたな、と思います。

ベンチに下がらず真剣な表情で結果を待ち続ける高田くんの意思の強さも印象的でした。

 

玉野光南の選手は、これほど辛いことはなかったと思います。

それでも「創志の皆には甲子園で頑張ってほしい」と言えるスポーツマンシップが素晴らしかったです。

 

高校野球の歴史に残るような試合で、

野球は最後まで何が起こるかわからないと改めて感じました。

 

長々と書いてしまいましたが、

創志学園の皆さん、甲子園では玉野光南の分まで力を発揮して頑張ってくださいね!!

 

そして両校選手の皆さん、

「好きな食べ物は?」「趣味は?」と野球に全く関係のない質問にも

丁寧に答えてくれてありがとうございました(^o^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年08月02日(火) 尽誠学園がんばれ♪

担当:

こんにちは♪

「次のブログでは岡山大会決勝のことを書きます」と宣言していましたが、

その前にひとつだけ!!

 

前回のブログで、夏の高校野球が終わったかのような書き方をしましたが、

私の夏は、まだ終わっていません!

決勝が終わってから、ほぼ毎日香川代表の尽誠学園に行き

甲子園に向けての取材を続けています

けさも、甲子園に向かう尽誠ナインをお見送りしてきました(^^)

次にみんなと会うのは甲子園です

 

きょうの18:15~のKSBスーパーJチャンネルでは、

尽誠の特集をお伝えします

 

香川大会が終わってから気付いたのですが、尽誠の試合は2回戦以外すべて取材に行っていました!

そのため、今回の特集で使った取材テープはこんなにたくさん・・・!

16-08-02-15-46-02-799_photo

甲子園でも、たくさん取材できますように★