ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

金刀比羅宮が神社本庁を離脱へ 本庁に対して抱いていた不信感と離脱を決めた理由とは 香川・琴平町

2020年06月17日 18:15

 香川県を代表する神社の動きに驚きの声が上がっています。香川県琴平町の金刀比羅宮が神社本庁を離脱する手続きを進めています。数年前から本庁に対して抱いていた不信感と離脱を決めたその理由とは。

 6月5日、金刀比羅宮は神社本庁を離脱する旨を記した書面を本庁に送付しました。

(記者リポート)
「神様にお供えするお金のことを幣帛料(へいはくりょう)といいます。この幣帛料のやり取りが今回の離脱の大きな決め手となったようです」

 去年11月14日天皇陛下が皇位継承に際して行う宮中祭祀・大嘗祭の当日祭を各神社で行うよう神社本庁から通達があり、当日までに幣帛料が交付されることになっていました。しかし、幣帛料は当日を迎えても交付されずお供えされないまま祭典は行われました。

 金刀比羅宮によると、数年前から神社本庁の不動産の不正取引問題に対して不信感を抱いていた上、今回の件も重なり、今年2月宮司や神職らで行う会議で離脱の話が出たそうです。

 神社本庁は、「幣帛料の交付は各県の神社庁に任せていて、適切な事務遂行を指導する」としています。

 一方、香川県神社庁は金刀比羅宮の離脱に対して「相談もなく突然通知が届き驚いている」とした上で、「全国にある分社の祭祀が今後どのようになるのか心配している」とコメントしています。

 神社本庁は全国に約8万社ある神社のほとんどが加盟していますが、明治神宮など離脱の動きが相次いでいます。
 金刀比羅宮は離脱後も今まで通り運営できるとしていて、届け出が文化庁で受理され次第、秋ごろには離脱するということです。

金刀比羅宮が神社本庁を離脱へ 本庁に対して抱いていた不信感と離脱を決めた理由とは 香川・琴平町
(6月17日 18:15)
〈新型コロナ〉大型バス車内の換気完了まで何分? 路線バスなどを運行する下電グループが実験 岡山
(6月17日 18:15)
〈新型コロナ〉プールでの感染どう防ぐ?スイミングスクールが泳ぐこともできる指導者向けマスクを導入 香川
(6月17日 18:15)
〈新型コロナ〉「周りに影響されないことが大切」 定時制高校で不安や差別について考える授業 岡山
(6月17日 18:15)
〈新型コロナ〉「今までにないような経営の悪化」 飛行機・バス・タクシーなど事業者団体が利用促進や財政支援を要望 岡山
(6月17日 18:15)
「制定過程の検証と廃止を」ゲーム条例に対し男性が陳情書を提出 香川
(6月17日 18:15)
粟井神社のアジサイが見頃 イベント中止も…御朱印などに今だけの取り組み 香川・観音寺市
(6月17日 18:15)
水害や水難事故を想定 消防署と警察署が合同で救助訓練 岡山
(6月17日 18:15)
香川のにぎわい作りに貢献 彫刻家などが「かがわ21世紀大賞」を受賞
(6月17日 18:15)
「露天風呂の日」を前に、中学生が湯原温泉「砂湯」の大掃除を体験 岡山・真庭市
(6月17日 16:35)
〈新型コロナ〉医療従事者に贈る感謝の“青い光” アート作品をライトアップ 香川・小豆島
(6月17日 11:55)
岡山空襲から75年 岡山市で戦災の記録と写真展
(6月17日 11:55)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】書店で販売も!小学生が本の魅力を伝える「ポップ帯」づくり 高松市

2020年08月06日 18:50

 高松市の小学生が本の魅力を伝える「ポップ帯」づくりに挑戦しました。自分で選んだお気に入りの本に。キャッチコピーを考えたりカラフルなイラストを添えたりしてPR。完成した帯をつけた本は、実際に本屋さんで販売も。ユニークな授業に密着しました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース