ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

感染者が増える新型コロナウイルス 感染力と具体的な症状は? 岡山市

01月31日 18:15

 中国の武漢市を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大し、日本でも感染者が増えています。この緊急事態を受けて日本政府は2月1日から新型コロナウイルスを「指定感染症」にする政令を施行します。
 これにより、県知事が感染の疑いがある患者を強制的に入院させたり、就業を制限したりできます。

 厚生労働省の発表では31日午前9時の時点で感染者は、中国本土で9692人、この1週間だけでも10倍に増えています。日本国内の感染者も12人と増えています。新型コロナウイルスの「感染力」について取材しました。

 岡山済生会総合病院で、感染制御室の田中弘之室長に話を聞きました。

(岡山済生会総合病院 感染制御室/田中弘之 室長)
「病院は病気の方が来られる場所ですので、患者さんと患者さんの接触をできる限り避けたいわけです」

(松木梨菜リポート)
「感染の疑いがある患者は1階の通用口からこちらの業務用のエレベーターを使って2階に上がってきます。そしてほかの患者に会わないように専用の診察室へ案内されます」
 
 専用の診察室は室内の気圧を外よりも低くし、ウイルスなどを外に出さないようにしています。

 また国立感染症研究所のマニュアルを基に、独自のマニュアルを作成しました。感染の疑いがある患者にはすぐに病院で受診するのではなく、まずは電話で知らせるよう呼び掛けています。

 感染した場合の具体的な症状とは?

(田中弘之 室長)
「今回症状の幅がすごく広いんです。全く症状がない人から亡くなる方までおられるわけですけど、原則は熱と咳になると思います」

 WHO、世界保健機関が発表したデータによりますと、新型コロナウイルスは感染した患者一人から1.4人から2.5人に感染するとみられています。
 現段階では、はしかやインフルエンザと比べて低いとされています。

 また2002年から2003年にかけてSARS、重症急性呼吸器症候群が流行した時と比べて今回の状況は違うと言います。

(田中弘之 室長)
「SARSの場合には死亡率が1割ぐらいあったわけですけど、(今回の)新しい(情報の)死亡率は2パーセントぐらいになってるんですね。かなり状況は違うと思います」

 いつぐらいに終息するのでしょうか。

(田中弘之 室長)
「まだ先は見えないと思います。インフルエンザと同じような対応をしていればまず問題はないんじゃないかと思っ
てます」

 インフルエンザと同じような対応が必要です。新型コロナウイルスの潜伏期間は最長14日間といわれています。

 感染後も症状がないケースがあり、手洗いやマスクの着用をしっかり行うなど、インフルエンザと同様の対策を行うことが大切です。

感染者が増える新型コロナウイルス 感染力と具体的な症状は? 岡山市
(1月31日 18:15)
新型コロナウイルスの感染拡大でキャンセル相次ぐ 岡山ー上海便が2月に一部運休
(1月31日 18:15)
新型コロナウイルスの感染拡大を受け 2月から高松ー上海便の一部が運休に
(1月31日 18:15)
「石垣の名城」復活へ…西日本豪雨などで崩落した丸亀城の石垣 本格復旧工事始まる 香川
(1月31日 18:15)
真備町で進む治水対策工事 進捗を地元住民に説明 岡山・倉敷市
(1月31日 18:15)
岡山のタクシー運賃2月1日から改定 初乗りと加算距離の短縮で実質値上げに
(1月31日 18:15)
動物園のモルモットに恵方巻をプレゼント 今年の干支・ネズミの仲間 岡山市
(1月31日 18:15)
商店街で迷惑な自転車や看板を整理 マナーアップ呼び掛け「周りのことも考えて」 高松市
(1月31日 18:15)
県立全日制の特別入試の志願者数 平均志願倍率は過去最低の2.12倍 岡山
(1月31日 18:15)
オリーブオイルの品質を競う品評会 専門家や料理研究家が味や香りを審査 香川
(1月31日 18:15)
信用金庫の旧支店で現代アート展「しんきんグ of ART」 まちの活性化と地元作家の活動の場に 香川・坂出市
(1月31日 16:45)
人口当たりの死者数「全国最悪」…香川県知事らが交通死亡事故の防止を緊急呼びかけ
(1月31日 11:55)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】生き物大好き記者が追う!今回のテーマは「春到来!ゆく鳥・くる鳥 岡山で越冬した野鳥たち」

2020年03月26日 18:50

 春は野鳥にとって大きな節目の季節です。岡山で冬を越した冬鳥たちが次々と北国へ旅立つ一方、ツバメなどの夏鳥は繁殖のためにやって来ます。
 ゆく鳥・くる鳥。KSBの生き物大好き記者が、岡山で取材した野鳥たちの記録をお伝えします。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

電力使用状況

中国地方

-%

情報提供:中国電力

四国地方

-%

情報提供:四国電力

※平日のみ電気使用状況を更新します。土日祝祭日の更新はございません。

※数値について、データに欠損が発生し一時的に表示できなくなる場合があります。

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション