ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

新紙幣の原料に地元の「ミツマタ」を 日本一の産地復活に向けた動き 岡山・真庭市

06月03日 18:50

 再び日本一の産地を目指します。お札の原料となる植物「ミツマタ」の生産がかつて盛んだった岡山県真庭市で、産地復活をめざすプロジェクトが動き出しています。資金提供を募るクラウドファンディングも行なっています。

 今年4月9日、麻生財務大臣が2024年度から新しいデザインの紙幣を使用すると発表しました。そんな紙幣の原料となる植物の産地が真庭市にあります。

(記者)
「お札の原料となっているのが、こちらのミツマタという植物です。名前の由来は、3つに枝が分かれていることから、ミツマタと呼ばれています」

 ミツマタは中国が原産で、ジンチョウゲ科の植物です。ミツマタの枝を蒸して皮を剥いで乾かし、繊維質にしたものがお札の原料になります。

(山崎茂さん)
「一万円札が新しくできるのが楽しみです。それに今作っているミツマタが原料になればこの上ない」

 真庭市の樫邑(かしむら)地域で農業を営む山崎茂さん(68)。祖父の代からミツマタを栽培していて、山崎さんも小さい頃から手伝っていました。

(山崎茂さん)
「(Q.幼いころは?)そこらじゅうミツマタ山というか。春になったら、そこらが真黄色になり、サクラが咲く前に山が明るくなったと思ったら、黄色のミツマタの花だらけで」

 樫邑地域を含む旧美和村では1950年代、年間40トンのミツマタを国立印刷局に出荷し、国全体の約20%を占める日本一の産地でした。
 しかし、担い手不足や安い外国産に押されて、この地域の生産量はピーク時の30分1ほどに減少。今では、日本の紙幣の原料はほとんどが中国や東南アジアなど外国産になっています。

 ミツマタは紙幣の原料として出荷するだけでなく、和紙の原料としても地元で使われてきました。この地域ではmミツマタでできた和紙を染料で染めた創作染和紙があるほか、小学生の卒業証書も和紙を用いています。

 山崎さんたちは、この樫邑地域を再びミツマタの日本一の産地にしようと、去年10月、農家や老人クラブ、小学校のPTAなどで実行委員会を立ち上げました。そして今年3月、この土地に2000本のミツマタを新たに植えました。

(山崎茂さん)
「少しでもこういうところを探して、苗木を植えていかないと何十分の一になってますから」

 ミツマタは植えてから出荷まで3年かかります。そこで、実行委員会では栽培管理にかかる費用を調達するため、インターネット上で支援を呼びかけるクラウドファンディングを5月15日から始めました。
 創作染和紙や、美白効果があるというミツマタのエキスが入った化粧品など真庭市で作られたものが支援の返礼品になっています。FAAVO岡山のサイトで受け付けています。

(山崎茂さん)
「伝統産業のミツマタを復活させて。地元のミツマタで新しいお札ができると皆さんに思っていただけたらいい」

新紙幣の原料に地元の「ミツマタ」を 日本一の産地復活に向けた動き 岡山・真庭市
(6月3日 18:50)
東京五輪の聖火リレーのルート発表 香川県は8市9町全てを周る…丸亀城や父母ヶ浜なども
(6月3日 18:15)
五輪聖火リレーの岡山県内ルート発表 来年5月20日に井原市をスタート
(6月3日 18:15)
へんないきものナンバー1は?人気投票企画に新屋島水族館のマナティがエントリー 高松
(6月3日 18:15)
瀬戸内国際芸術祭 春会期の来場者は前回の1.5倍に 直島が最多、大島は2.8倍に
(6月3日 18:15)
真備町の災害公営住宅と市営住宅の整備に約31億円 倉敷市が補正予算案発表 岡山
(6月3日 18:15)
総社市の片岡聡一市長が4期目に挑戦へ 10月の市長選への出馬を表明 岡山
(6月3日 18:15)
香川から東京五輪出場を目指せ 女子棒高跳びの田中伶奈選手らが強化指定選手に
(6月3日 18:15)
参院選香川選挙区 再選目指す自民・現職の三宅さんが記者会見で意気込み
(6月3日 18:15)
次の衆院選 岡山3区に国民民主・内山晃さんが出馬表明
(6月3日 18:15)
岡山市役所に外国人向け相談窓口 7月から英語、中国語、ベトナム語対応の相談員が常駐へ
(6月3日 16:45)
津山の主婦行方不明事件 発生から17年この1年間は情報提供ゼロ 警察が協力呼びかけ 岡山
(6月3日 11:55)
官民一体で海の環境を守ろう!高松海上保安部と地域住民、企業が清掃活動
(6月3日 11:55)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】ルワンダと香川…8年ぶりのセッション 2人が奏でる「平和の音色」

2019年08月15日 18:50

 8年ぶりの「共演」で思いを新たにしました。7月、香川県坂出市で被爆者の男性とアフリカ・ルワンダの歌手がミニコンサートを開きました。国も年齢も違う2人ですが、ともに発信しているのは「平和」の大切さです。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

電力使用状況

中国地方

8月20日(火) 2時00分更新

58%

使用量 610 万kw
ピーク時供給力 1045 万kw

情報提供:中国電力

四国地方

8月20日(火) 2時00分更新

49%

使用量 256 万kw
ピーク時供給力 518 万kw

情報提供:四国電力

※平日のみ電気使用状況を更新します。土日祝祭日の更新はございません。

※数値について、データに欠損が発生し一時的に表示できなくなる場合があります。

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション