ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

運転手不足の解消に期待…「自動運転バス」の試乗会 岡山

04月13日 18:20

 路線バスの自動運転化に取り組む、岡山市の宇野自動車などが、関係者向けに自動運転バスの試乗会を開きました。今年度、本格的な実証実験に乗り出します。

(記者)
「バスが走り出しました。運転手はハンドルに触れていません。自動運転です。緊急時だけ人が対応します」

 路線バスの自動運転化に取り組んでいるのは、赤磐市などで宇野バスを運行する宇野自動車と、自動運転の実証実験などを行うSBドライブです。

(宇野自動車/宇野泰正 社長)
「唯一最大といっていい課題は、運転手不足だったんです。これが自動運転で解決すれば赤字路線も抱えることができる」

 自動運転は、特殊なGPSを使って車の位置を把握しながら、あらかじめ設定したルートを走るものです。複数のセンサーで人や車などの障害物を避けることができます。

 13日の試乗会では、約1キロの距離を最高時速20キロで1周しました。

(試乗した人は―)
「安全は確保されてて、スムーズに動いてるなという感覚でした」
「公共交通として、使いやすいんじゃないかなと思います」

(地元の人は―)
「慣れてないというかあまり見たことがないんで、怖いっていうイメージはあるけど」

 宇野自動車が運行する宇野バスは、この10年で2路線を廃止、便数も1、2割減っていて、自動運転バスに期待しています。

(宇野自動車/宇野泰正 社長)
「十分な実績を積んでデータを取って、ぜひ一番に緑ナンバーを付けてまた新しいモデルを作っていきたい」

 両社は14日と15日、自動運転バスへの理解を深めてもらおうと地域住民などを対象にした試乗会を開きます。
 今後は運転手をつけない形も含めた実験を重ね、赤磐市内を循環する路線などで導入を目指します。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】デニム生地で「かわいい」ピクニックシート 商品開発でつながる…せとかわデニムプロジェクト

2020年06月05日 18:45

 小さな傷などのため捨てられてしまうデニム生地がピクニックシートに。瀬戸内とデニムの魅力を「かわいい」という切り口から発信する「せとかわデニムプロジェクト」が作りました。
 瀬戸内にゆかりがある16人が、それぞれの強みを生かして取り組んだ商品開発の模様をお伝えします。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション