ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

新型コロナ対策を踏まえた避難所の設営どうする? 倉敷市の職員が訓練 岡山

2020年06月24日 18:15

 岡山県倉敷市にこの春入った職員が新型コロナウイルス対策を踏まえた避難所の設営を24日、学びました。

 倉敷西小学校で研修を受けたのは、2020年度から倉敷市に勤める職員40人です。

 倉敷市は2018年の西日本豪雨の際、発災直後の7月7日時点で55カ所の避難所を開き、5500人以上の避難者の対応にあたりました。

(倉敷市防災推進課/渡邉直樹 課長)
「この写真を見といてください。避難所がこの状態だとどうか、まずいなと思いませんか。まさしく3密です。これをいかに避けるかがきょうの演習の命題です」

 参加者は西日本を中心に激しい雨が振り、倉敷市が「避難準備、高齢者等避難開始」を発令した直後という想定で、避難所の設営訓練を行いました。

(記者)
「避難所の受け付けには、新型コロナウイルス対策のためにマスク、アルコール消毒、そして検温がいち早く導入されました」

 参加者は受け付けにビニールの仕切りを設置したり、避難者同士が密接になるのを防ぐためにベッドの間隔を空けたりするなど、新型コロナウイルスへの対応も踏まえて誘導やレイアウトを工夫していました。

(研修に参加した倉敷市職員はー)
「コロナの対策、形そこまで完璧にならなかったんですけど、それぞれの区画ごとにビニールとかで、覆いを作ってオリジナル性は出せたかなと」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】新型コロナ長期化 発達障害への影響は? 岡山

2020年09月24日 18:50

 新型コロナウイルスの影響が長期化する中、発達障害がある人は「新しい生活」への対応を模索しています。新型コロナウイルスが発達障害にどのような影響を与えるのか?そして私たちができることは。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース