ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

〈新型コロナ〉食洗器やトイレなど国内メーカーから入荷できず 豪雨で被災した家のリフォームに影響 岡山・倉敷市

04月02日 18:15

 西日本豪雨で被災した倉敷市真備町の男性は、全壊した自宅のリフォームを進めています。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で完了が遅れています。

 倉敷市真備町。2018年7月の西日本豪雨で大きな被害が出てから2度目の春が訪れました。真備町の自宅が全壊した森田英之さん(45)。

 1階の水道が1年8カ月ぶりに使えるようになりました。2018年7月の西日本豪雨で、森田さんの自宅は1階が完全に水に浸かりました。

 家族5人は無事だった2階や、一足先にリフォームが終わった森田さんの両親の家などで暮らす日々が続きました。
 そして、家を建てた時のローンを減額できる国の制度などを利用して、2019年12月からリフォームを進めてきました。

(森田英之さん)
「当時弁当支給していただいてた家族で2階で食べてたテーブルなんですけど」

 壁や床の張り替えが終わり、少しずつ荷物や生活用品を運び込んでいます。3月中旬にはリフォームが完了し、家族5人で戻って来る予定でしたが。

(森田英之さん)
「ここがトイレのはずなんですけど、いつになるか分からない」

 森田さんの自宅のリフォームを手がけている、倉敷市の小川建美です。森田さんの自宅を含めて3月から4月にかけて12軒の工事が完了する予定でしたが。

(小川建美 工務部/藤井雅治 部長)
「部品がそろわなくて、トイレが出荷できない状態になっている」

 新型コロナウイルスの影響で、食洗器やトイレなどが国内メーカーから入荷できず、家の引き渡しが遅れています。

(藤井雅治 部長)
「部品が中国で作られているものが多い。組み立てができないと聞いている」

 メーカーは現在、受注を停止していて5月以降に完成予定の住宅については見通しが全く立っていないそうです。

(藤井雅治 部長)
「本来なら1カ月遅れますとか2週間遅れますという返事ができるものではあるけど、どうにもできないもどかしさがありますね」

 被災前の暮らしに戻るにはまだ時間がかかりますが、森田さんは前向きに捉えています。

(森田英之さん)
「今後直るめどがちょっと延びていっても物が増えていく喜びは常にあるので、待ち遠しいというよりは日々実感が増しているので私としては嬉しい。まずはこの場所で約2年間くらい家族で食事取れていない。そろって食事を取ったりとかテレビが来たものならみんなで見たりしてみたい」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】〈新型コロナ〉見直される「避難の在り方」 岡山県の現状や私たちができることは?

2020年06月02日 18:50

 新型コロナウイルスの影響で見直されている「避難の在り方」を考えます。避難所での「3密」を避けようと、全国の自治体が運営方法や避難マニュアルを見直しています。
 岡山県の現状や地域住民の取り組みを通じて、私たちができることを考えます。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション