ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

建設進む「四国水族館」の一部が公開! “四国を巡りたくなる仕掛け”多数、オープン準備進む 香川・宇多津町

2020年01月22日 18:15

 オープンまで2カ月を切りました。香川県宇多津町で建設が進められている「四国水族館」の一部が22日、公開されました。今年3月のオープンに向けて着々と準備が進んでいます。

 2018年6月に建設工事が始まり、今年3月20日のオープンが決まった香川県宇多津町の四国水族館。

 「四国水景」をテーマに四国最大級の400種、1万4000の生き物を展示する予定です。

 四国の南岸を流れる黒潮を表現した高さ約5メートル、幅11メートル、深さ最大8メートルの四国最大級の水槽、「綿津見(わたつみ)の景」は、飼育が困難とされるカツオ類やアカマンボウ、サメやエイなど約20種類が泳ぎます。

 鳴門海峡の渦潮を再現した「渦潮の景」には、マダイやマアジ、ブリなどを展示する予定で、横からだけでなく上からも見ることができます。

 水族館のマスコットキャラクターになっているシュモクザメを展示する「神無月の景」は…

(記者)
「シュモクザメの特徴的な頭の形がよく分かるように、下から見上げる形になっています」

 水槽ごとに展示する生き物の特徴が見えやすいよう工夫されています。

 瀬戸内海を一望できる2階には、四国水族館の見所の一つ、マダライルカが泳ぐイルカプールがあります。
 瀬戸内海とイルカのコラボレーションは、四国水族館でしか見ることができません。

(四国水族館開発/片山豊心さん)
「四国水族館に来たら、四国を巡りたくなるような仕掛けがたくさんありますので、ぜひ四国水族館に来て四国のどこどこに行ってみよう、あっちに行ってみようって次に足を運んでいただけるような水族館になればいいなと思います」

 料金は大人・2200円、小中学生・1200円、幼児・600円です。
 四国水族館開発では、初年度に約120万人の来館を見込んでいます。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【部活にほえろ!】“味わった”厳しさ…高校の部活を体験 高松市

2020年10月27日 18:50

 新人アナウンサーがさまざまな企画をお伝えしていますが、今回は在間アナの「部活にほえろ」です! 岡山・香川で部活動に青春を注ぐ皆さんや地域のスポーツチームを訪ね、部活やチームの魅力を紹介していきます。
 今回は高松市の高校を訪ねましたが…在間アナが悶絶の表情になってしまうほど厳しいロケでした。

シリーズ

  • 人がニュースになる。ニュースが人を元気にする。
    ローカルには、高い技術や志、強いこだわりを持って活躍している「人」がたくさんいます。
    このシリーズでは、そのような「人」にスポットを当てたグッドニュースを、WEB限定で配信していきます。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
    企業や団体が進める「SDGs」の取り組みなどを、岡山・香川の高校生が紹介する。「SDGs」によってもたらされる新たな価値を企業や団体が知り、それを高校生が学ぶことにより、私たちが住む岡山・香川がさらに元気になることを目指す。
  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース