ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

車ぶつかる衝撃に園児ら「びっくりした」 交通ルールを目で見て体験して学ぶ安全教室 高松市

10月08日 18:15

 目で見て、体験して交通ルールを学びます。
 高松市で交通安全教室が開かれ、幼稚園の子どもたちが交通ルールを守ることの大切さを学びました。

 交通安全教室は香川県交通安全協会が毎年春と秋に開いており、8日は坂出一高幼稚園の園児46人が参加しました。

 園児たちは、シートベルトの大切さを学ぶため「シートベルトコンビンサー」という装置に乗り込み、時速5キロで車がぶつかった時の衝撃を体験しました。
 その衝撃に、園児たちからは「びっくりした」などの声が上がりました。

 他にも道路を渡る時に大切な「止まる・見る・待つ」を歌と踊りで覚えたり、道路へ飛び出すことの危険を人形で学んだりしました。

(園児はー)
「なんかぶつかって、風船みたいなのがバーンって出てきて、びっくりした」
「(Q.道路渡るときどうする?)手を上げて、信号をよく見て、右左を見てから渡る」

(香川県交通安全協会 教育推進隊/小川和廣 隊長)
「子どもさんがすると、お父さんお母さんがせんわけにはいかんですから、そういうところで浸透するのかなって思ってます」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】交通事故が多発する“魔の7歳”…その背景は?

2020年07月10日 18:50

 子どもの交通事故について考えます。
 全国で起きた歩行者の交通事故を統計でみてみると、「7歳」の子どもが突出して多くなっています。なぜ7歳の子どもの事故が多いのか。子どもの行動を分析し、その背景を探ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション