ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

廃校になった中学校を動物の保護施設に 全国初の取り組みが岡山で始まる

07月29日 18:15

 廃校舎の新たな活用方法です。廃校になった中学校を動物の保護施設にする全国初の取り組みが、岡山県で始まりました。

(記者)
「廃校の廊下にはまだ学校の椅子が残っていて、面影を感じます。こちらが教室で、中に入るとキャットタワーが設置されています。きょうからここにネコが入学します」

 2014年に閉校した岡山県吉備中央町の旧大和中学校にできた保護施設、「ティアハイム小学校」です。ペット関連の会社が社団法人を立ち上げて運営しています。

 2年生と3年生の教室は、ネコ専用ルームに改装し、保健室には獣医師による診察ができる設備をそろえています。

(ティアハイム小学校 ネコ部/小川弘司 部長)
「ネコには配慮をした部屋作りになっております。なるべくストレスフリーな環境で。『廃校』をとっていえば、全国初ですね」

 29日、ネコの受け入れが始まり、さっそく岡山市から1匹のネコがやってきました。約3カ月前に空き家で生まれたオスです。元ソフトテニス部の部室に設けられたケージにお引越ししました。

 預けられたネコは、里親が見つかって「卒業」するまでここで過ごします。

(預けた人はー)
「広々としているからね。自由に遊べて、運動できるんじゃないかなと思いますけど」

 しかし、早くも課題が。現在、受け入れられるネコは40匹ですが、すでに電話や訪問でそれを大きく超える200匹の相談が寄せられています。

(相談を受ける様子)
「引き取りはすぐには難しいというのが正直なところなんですよね。そういうちょっと危ない状態まできている場合は、保護するしかないと思うんですよね」

 こちらの女性は、一時保護をしているネコを巡ってご近所トラブルも起きていましたが、引き取りができるまでは保護を続けることになりました。

(相談者はー)
「結局、鳴き声とか臭いで皆トラブルがあるでしょ。でも、ここだったら、いずれドッグランもできることでしょ。これだけ広いしね。だから場所的にはいいと思います」

 今後は、グラウンドや他の教室の改装を進めるなどして、イヌも対象に受け皿の拡大を目指します。

〈新型コロナ〉7月補正予算案 アクリル板を設置など、新しい生活様式への対応に取り組む事業者の支援盛り込む 岡山
(7月13日 10:55)
〈新型コロナ〉新型コロナウイルスの影響で1月から休止していた市のイベントが再開 岡山市
(7月12日 16:40)
子どもたちが宇宙について楽しみながら学ぶイベントが開かれる 香川・高松市
(7月12日 15:12)
〈新型コロナ〉新型コロナウイルスの影響で入学式が出来なかった大学が代わりの「入学感謝の集い」実施 岡山市
(7月12日 10:30)
〈新型コロナ〉香川県で81日ぶりに感染者を確認 高松市の70代の男性、感染経路は不明 同居家族2人は陰性
(7月11日 19:10)
水害に備えた救助訓練 水中に沈んだ人を探査装置で探す 岡山・新見市
(7月11日 12:00)
【速報】高松市の70代男性が新型コロナウイルスに感染 4月20日以来、県内で81日ぶりの確認
(7月10日 21:40)
〈新型コロナ〉移動制限解除から3週間 新幹線の利用は低迷「回復軌道に乗るには相当な時間が」 岡山
(7月10日 18:15)
〈新型コロナ〉「東京への移動は慎重に」イベント開催制限さらに緩和も…香川県知事が呼び掛け
(7月10日 18:15)
約3カ月ぶりに営業再開の「おもちゃ王国」 子どもたちの笑顔が戻る 岡山・玉野市
(7月10日 18:15)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】交通事故が多発する“魔の7歳”…その背景は?

2020年07月10日 18:50

 子どもの交通事故について考えます。
 全国で起きた歩行者の交通事故を統計でみてみると、「7歳」の子どもが突出して多くなっています。なぜ7歳の子どもの事故が多いのか。子どもの行動を分析し、その背景を探ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション