ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

JR岡山駅の新幹線ホームに可動式の柵 設置工事がスタート、使用は12月から

07月24日 18:15

 駅での人身事故を減らします。JR西日本が岡山駅の新幹線ホームに可動式の柵を取り付ける工事を始めました。

 柵が取り付けられるのは、JR岡山駅の22番乗り場と23番乗り場です。午前1時、ホーム柵を載せた車両が22番乗り場に着き、仮設の置き場に運び込みました。

 高さ1.3メートルのホーム柵33台を、25日から8回に分けて長さ約400メートルのホームに取り付けていきます。来年2月からは23番乗り場でも取り付け工事が始まります。

(記者)
「今までは乗り降りするところに柵がなく、線路に落ちてしまう危険性がありましたが、新しい柵は乗り降りするとき以外は常に閉まっているため、より安全です」

 JR西日本のホームでは2017年に17件の人身事故が起きていて、岡山駅でも過去に線路内に犬や男の子が立ち入る事案が起きています。

 JR西日本は2016年、1日の乗降人数が10万人を超える駅にホーム柵の整備を優先して進める方針を発表していました。今回の総工事費は約18億円で、コストがかかることが、設置まで時間がかかった原因の1つでもあります。

 JR西日本が管轄する新幹線の駅18のうち、岡山駅は新神戸駅に続いて2番目に可動式ホーム柵が設置されることになります。

(JR西日本 岡山機械区/小幡史明 区長)
「お客様に安心してホームをご利用いただくために、この可動式ホーム柵の設置を進めてまいりますので、ご理解ご協力をお願いしたい」

 22番乗り場の可動式ホーム柵は、12月から使用が始まります。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】糖度は19度超え!香川県産の完熟マンゴー 南国に負けない生産者のこだわりは

2020年07月14日 18:50

 今、収穫の最盛期を迎えてる香川県産マンゴー「讃岐おとひめ」。糖度は19度を超えます!国内の有名産地にも負けない甘さのウラには生産者のこだわりがありました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション