ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

警察官が海水浴場で救助訓練 ヘリコプターを使って水難者を捜索も 岡山・玉野市

06月13日 18:15

 海で遊ぶ機会が増える夏を前に、岡山県警が玉野市の渋川海水浴場で船やヘリコプターを使った水難救助訓練をしました。

 訓練に参加したのは、岡山県警の警察官など28人です。訓練は、海で泳いでいた人が沖に流されて見えなくなったという想定です。

(記者)
「船からでは、見つけられない水難者をヘリコプターで捜索しています。」

 出動したのはヘリコプター、「わしゅう」です。普段は岡南飛行場に常駐し、渋川海水浴場には飛行し始めてから5分ほどで到着します。

 「わしゅう」は陸上の警察官からの情報をもとに流された人を見つけると、その近くに「シーマーカー」と呼ばれるボールを落とします。
 シーマーカーは水に落ちると色が出るボールで、水上で捜索する小型の船に場所を知らせます。シーマーカーの場所に船が向かい、流された人を助けだします。

 水難救助訓練は、陸・海・空の連携と救助技術の強化を目的に毎年行われています。

(初参加の警察官はー)
「日頃は陸上で仕事をしているんですけど、海の上ということで、いつもよりも勤務員の連携が大切だということを感じました」

 去年、岡山県で起きた水難事故は24件で、15人が死亡しています。そのうち6件は海で起きています。

(岡山県警 地域部地域指導官/植野幸治さん)
「各警察署でそれぞれこういった水難救助訓練をして誰でも対応できるような体制をとるようにしていきたい」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】デニム生地で「かわいい」ピクニックシート 商品開発でつながる…せとかわデニムプロジェクト

2020年06月05日 18:45

 小さな傷などのため捨てられてしまうデニム生地がピクニックシートに。瀬戸内とデニムの魅力を「かわいい」という切り口から発信する「せとかわデニムプロジェクト」が作りました。
 瀬戸内にゆかりがある16人が、それぞれの強みを生かして取り組んだ商品開発の模様をお伝えします。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション