ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

新成羽川ダム、大雨予想時に事前放流実施へ 西日本豪雨を受け自治体が要望 岡山

05月20日 18:15

 新成羽川ダムを管理する中国電力が、大雨が予想される時にダムの水を事前に放流することを決めました。

 去年の西日本豪雨で被害を受けた岡山県倉敷市、総社市などがダムの管理者に対し要望していたものです。

(中国電力 電源事業本部/吉岡一郎 部長)
「治水と利水のバランスにも考慮しつつ慎重に検討を重ねてまいりました」

 20日の意見交換会で、中国電力や国、岡山県などは、新成羽川ダムなど6つのダムで事前放流など洪水調節を行うと伝えました。

 高梁市の新成羽川ダムは、水の落差を利用して発電するため普段から水位が高めです。今後は、降り始めからの雨量が110ミリを超えると予測された場合、ダムの有効貯水容量の半分ほどまで事前に水を放流します。

 これにより、西日本豪雨と同等の豪雨で最大放流のピークを約90分遅らせることができ、河川の水位も総社市日羽で21センチ、倉敷市酒津で12センチ下がるとしています。

(総社市/片岡聡一 市長)
「この事前放流に応じてくださるという結論をもらいましたから、きょうは画期的な日だと思います」

(倉敷市/伊東香織 市長)
「住民の願いが通じたというふうに思いますし、この5年間は本当にこれが頼りなところが多いので、さらに精度を高めていただきたいというふうに思っています」

 中国電力は新成羽川ダムの状況をインターネットで確認できるよう、国などと協議を進めています。

(中国電力 電源事業本部/吉岡一郎 部長)
「やると決めた以上はやはり安全に決められた通りしっかりできるように、この事前放流について責任を持ってやっていきたいというふうに考えております」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】〈新型コロナ〉見直される「避難の在り方」 岡山県の現状や私たちができることは?

2020年06月02日 18:50

 新型コロナウイルスの影響で見直されている「避難の在り方」を考えます。避難所での「3密」を避けようと、全国の自治体が運営方法や避難マニュアルを見直しています。
 岡山県の現状や地域住民の取り組みを通じて、私たちができることを考えます。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション