ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

昔は元号が2つ?秘話が詰まった1冊を「令和」初日に出版へ 香川

04月04日 18:15

 5月1日の令和元年スタートに合わせて、元号にまつわる本が出版されます。その本のタイトルは「令和は瀬戸内から始まる」。香川県で生涯を閉じた崇徳天皇と「明治」という元号のゆかりなど「元号」にこだわった一冊です。

 本の作者は、作家で学芸員の佐々木良さんです。高松市の事務所で、5月1日の出版に向けて最後の校正を行っています。

 3月には佐々木さんと、香川県で生涯を閉じた唯一の天皇、崇徳天皇と「明治」という元号のゆかりについて訪ね歩きました。そして、明治天皇の勅使が崇徳天皇を祭る直島と坂出市の白峰に来て報告し、天皇の「み霊」を京都に帰してから元号が明治に変わったことなどを語ってもらいました。

 その際、佐々木さんが予想した新しい元号の1つ「万保」が実際に最終候補の1つでした。

(作家/佐々木良さん)
「今の元号というのは、過去の候補に挙がったものから選ばれています。その中で、地名とか企業名とか俗用されていないか精査していったら残りわずか。その内のひとつ」

 佐々木さんは、万葉集から引用された新しい「令和」という元号について…

(作家/佐々木良さん)
「大伴旅人、京にいて朝廷内のいざこざがあって大宰府に左遷され、3年いて。いよいよ京に帰れそうだというところで、その年に詠んだ歌。雪どけだったりとか、白梅とかランという白いイメージがある。白く美しい、凛とした元号なんだと思います」

 佐々木さんは、このほかにも元号に関するさまざまな研究を進めています。

(作家/佐々木良さん)
「南北朝時代、天皇が2人いる時代で、元号が2つある時代。その元号のイメージが強くて面白いと思う。「平成」は全員が同じ元号を使っているが、南北朝時代は人によって違う元号を使っていた。5つか6つは4文字元号というのがあって、天平時代に天平感宝・天平神護とか、いろんな4文字元号が使われている」

 元号にまつわる本、「令和は瀬戸内から始まる」を令和が始まる5月1日に出版する予定です。

(作家/佐々木良さん)
「なぜ元号が始まったか、元号にまつわるうんちくが詰まった本です。特に明治とか書いてます。令和も今、必死になって書いてます。元号に秘められた人間ヒストリーを詳しく書いています」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】〈新型コロナ〉技術を現場や実物で学ぶ高校 「実習の遅れ」は取り戻せるか?

2020年06月04日 18:50

 新型コロナウイルスの影響で4月20日から臨時休校していた岡山・香川の県立高校の授業が、1日に再開しました。「学習の遅れ」が懸念されていますが、技術を現場や実物で学ぶ高校では「実習の遅れ」が大きな問題となっています。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション