ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

新元号「令和」で早速動き こいのぼりメーカーやはんこ店 平成名の企業はどうする?

04月01日 18:15

 新元号「令和」の発表に合わせ、岡山・香川でもさっそく、多くの人があわただしく動き始めました。

 岡山県和気町のこいのぼりメーカーでは、発表後すぐに新元号が入ったこいのぼりを掲げようと大忙しです。

(記者)
「新元号が発表されてまだ5分足らずですが、デザイナーさんが早くも『令和』というデザインを作成しています」

 予想外の漢字にばたつきましたが、各部門が連携プレーでこいのぼりを仕上げ、発表から約1時間半後。「令和」を祝うこいのぼりが大空を泳ぎました。

 高松市の書道教室では…

(記者)
「発表を受けて子どもたちが早速新元号を書いています」

(子どもたちはー)
「『令』の左はらいが少し長くなったり、短くなったり細くなったりして、バランスが悪くなったけど、何回も書いて慣れてきたら、うまく書けたので良かったです」
「平成は『成』っていう字が難しかったので、令和の方が案外簡単だと思います」

(黒田書道教室/黒田玉藻さん)
「令は縦長になってしまうのでそれを気をつけること。和はのぎへんを左の方にもっていて、右は口を少し斜めにもっていくときれいに書けると思います」

 街のはんこ店では…

(大原順進堂/大原義久 社長)
「令和…令和…、どうしようかな、書きやすいっちゃ書きやすい…」

 香川県庁近くのはんこ店では、早速、行政や医療関係の企業から書類の訂正印用に注文が入っていました。

(大原順進堂/大原義久 社長)
「きれいな漢字だとは思うんですけど、ちょっとこの『令』がね、点なのか線なのかでお客さんと揉めたらいやだなと…。平成は暗い話題も多かったので、(訂正印と同じで)打ち消していけたら、新しい良い時代になっていったらいいなと思います」

(記者)
「こちらの会社では、新元号発表を受け、新元号入りのTシャツの製作にとりかかっています。」

 オリジナルTシャツなどを製作・販売する高松市の会社では期間限定で「新元号デザイン」のTシャツを作っています。

(プラスワンインターナショナル 企画営業部/郷田育志さん)
「事前に居酒屋の店長さんから新元号のデザインを入れて、すぐに着て、お店で使いたいというご依頼をいただきました」

 一方で、こんな会社も…

(平成レッグス/住谷幸伸 社長)
「(Q.どうして平成を付けた?)ちょうど元号が昭和から平成になったということで。このタイミングだなとピンときたので、社名を変えることにしました。会社としては30年間、事業もスクラップ&ビルドしながら、変えていきながら乗り切ってこられた。(Q.社名を『令和』に変えることは?)今のところありません」

〈新型コロナ〉手術着の不足、第2波への備え…香川県の指定医療機関が直面する問題とは
(5月29日 18:15)
〈新型コロナ〉ジムやこどもの国が再開へ 仕切り設置、利用者制限などで感染対策 香川
(5月29日 18:15)
〈新型コロナ〉「開催なかなか難しい…」大規模イベント施設 6月に再開も予約はゼロ 高松市
(5月29日 18:15)
〈新型コロナ〉高級野菜が需要激減で破棄 「せっかく育てたものを…」苦渋の決断を迫られる生産者 岡山・赤磐市
(5月29日 18:15)
〈新型コロナ〉ガソリンスタンドが飲食店を支援 唐揚げ弁当や天丼などテイクアウト弁当の代行販売 岡山・赤磐市
(5月29日 18:15)
新型コロナの影響で見合わせていた国宝「山鳥毛」の里帰り陳列 今年の秋に開催へ 岡山・瀬戸内市
(5月29日 18:15)
〈新型コロナ〉6月1日に再開へ 岡山城天守閣などで利用者を迎える準備
(5月29日 16:35)
放課後などに小学生を預かる児童クラブのスタッフを募集 岡山市が就職相談会
(5月29日 11:55)
〈新型コロナ〉高速バスで「コロナウイルス追跡システム」を全国初導入 感染者と乗り合わせた場合に連絡 香川
(5月29日 11:55)
〈新型コロナ〉専門業者が飲食店で除菌作業 プロが教える家庭でも行える除菌方法とは? 岡山市
(5月28日 18:15)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】俳優・石井正則さんが撮るハンセン病療養所の今 強制隔離の記憶を伝える

2020年05月29日 18:50

 俳優、ナレーターとして活躍する石井正則さん。全国のハンセン病療養所をめぐり、大型カメラで療養所の「今」を撮り続けています。そのきっかけになったのが高松市の大島の「強制隔離」の記憶でした。石井さんに活動への思いを聞きました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション