ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

バス運転手の体調が急変時に緊急停止 「異常時対応システム」の導入進む 岡山

03月19日 18:15

 バスの運転手に異常が起きた時に、緊急ブレーキをかける装置の導入が進んでいます。

 岡山市の下電観光バスでは、8人の運転手がEDSS「ドライバー異常時対応システム」の操作方法を学びました。

 EDSSは、運転手に異常が起きた時に、運転席の横にあるスイッチを押すとブザーが鳴り、バスが停止するシステムです。ランプが付き音が鳴ることで周囲にも異常を知らせます。

(記者)
「乗客が運転手の異常を察知した時も、一番前の座席にある上のこのスイッチを押すとバスが停まります」

 導入のきっかけは、2016年に長野県軽井沢町でスキー場に向かうツアーバスが道路わきに転落し、乗客と乗員合わせて15人が死亡した事故です。

 国土交通省によると、バスの運転手の健康状態による物損事故や人身事故は、2017年に全国で15件起きています。

(下電観光バス/吉田直樹 取締役部長)
「バスで行くと乗り換えがなく目的地まで行けると。安全運転に心掛けるというのが一番ですけれども、それをサポート的にこういう機械で補ってもらうということで考えております」

 下電観光バスではEDSSを搭載したバスを、3月から3台運行していて、今後も順次入れ替えていく予定です。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】国内最大級といわれた産廃問題 「公害調停成立」から20年を振り返る 香川・豊島

2020年06月03日 18:50

 あの日から20年が経ちました。国内最大級といわれた香川県土庄町豊島の産廃問題。2000年6月6日、公害調停成立の調印式が行われ、ようやく解決に向けて動き出しました。
 かつてゴミの島といわれた豊島がどう変わったのか取材しました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション