ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

おかゆを炊いて作柄占う「粥管祭り」今年は心配な結果に…岡山・吉備中央町

01月15日 18:15

 おかゆを炊いて今年の作柄を占う、伝統の「粥管祭り」が岡山県・吉備中央町で行われました。今年は、少し心配な結果が出てしまいました。

 「粥管祭り」は、吉備中央町の神護寺に江戸時代から伝わるとされる伝統行事です。まずは、境内に4本の竹を立てて結界を作ります。大釜には米と大豆、印をつけた竹筒4本を入れて約40分、強火で炊き上げます。竹筒は、それぞれ稲の品種や畑作を意味していて、筒の中に入ったかゆの粒が多いほど作柄が良いとされています。

 今年は「畑作」が一番よく、稲作では早く実る品種の「早稲」がよいと出ました。しかし、「中稲」と「晩稲」の中は空っぽ。1粒も入っていないのは、とても珍しいそうです。

(吉川本地堂等文化財保存会/石原昭二 会長)
「占いしてこんな結果が出たもんで、心配はしております。良い年であってほしいです」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】国内最大級といわれた産廃問題 「公害調停成立」から20年を振り返る 香川・豊島

2020年06月03日 18:50

 あの日から20年が経ちました。国内最大級といわれた香川県土庄町豊島の産廃問題。2000年6月6日、公害調停成立の調印式が行われ、ようやく解決に向けて動き出しました。
 かつてゴミの島といわれた豊島がどう変わったのか取材しました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション