ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

「伝説の味」を受け継ぐ讃岐うどんの名店が閉店へ…その理由とは?

2018年11月07日 18:15

 讃岐うどんの名店がまたひとつ、姿を消します。香川の讃岐うどん界で西の横綱と呼ばれながら2009年に惜しまれつつ閉店した伝説の名店「宮武うどん」。その味を受け継ぐ「宮武ファミリー」と呼ばれるうどん店の1つ、綾川町の「手打ちうどん松岡」が来週閉店します。

(信長ゆかりリポート)
「讃岐うどんブームを牽引してきた名店の1つが来週、暖簾を下ろします。別れを惜しんで各地からうどんファンが訪れています」

 手打ちうどん松岡は、讃岐うどんの伝説的名店「宮武うどん」系列で修行を積んだ大将が1991年に開業しました。地元の人たちから長く愛され続けてきた名店です。

(店を訪れた男性はー)
「(Q.いつから通ってる?)20年くらい。飯食うとこなくなるな」
「年間300日くらいは食べてると思うけど。最近は15日で閉店てことが知れ渡っちゃって、12時過ぎに来ても売り切れで」

 実は、大将は当初、常連さんだけにこっそり閉店を知らせていたんですが、うどんファンたちの間にもその噂が広がっていきました。

ツイッター上では、こんな反応…
「えっ、松岡うどん閉店!?やめないでー!!」
「正家に続いて松岡が閉店。この世で1番好きなうどん屋さんなのに。悲しい。」

 ツイッターなどSNSで閉店の噂が広がり、今では日本各地からうどんファンが駆けつけています。

(東京から来た客はー)
「閉店という話を聞いたので絶対来なきゃと思って、きょう来ました」

 製麺機を使わず、専用の包丁で切る麺には太さにばらつきと独特のねじれがあるのが特徴です。

 もちろんかけうどんは宮武うどんの代名詞「ひやひや」、「ひやあつ」、「あつあつ」から選べます。

(信長ゆかりリポート)
「私はひやあつをいただきます。麺の角がしっかりと立っていて、それでいてすごく心地よいもっちり感があって抜群の噛み応えです。いりこの香りが鼻を抜けてこれはとってもおいしいですね」

 ところで、今回の閉店の理由は何でしょうか?大将が言う一番の理由は、なんと「消費税の増税」でした。
 
 小麦粉やイリコなど材料費の値上がりに加え、来年予定されている消費税の10%への引き上げ。値上げをしたくないという大将のこだわりもあり、お店をたたむことを決めました。

(店に来たうどんファンはー)
「消費税上がったら値上げしたらいいじゃないって僕は思うけどね。続けていただけることの方が僕は大事よね。本当に困っちゃうんだから」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】「黒松盆栽」EUへの輸出が解禁…期待と課題は

2020年10月01日 18:50

 高松市が日本一の生産量を誇る松盆栽。このうち最も多く生産されている「黒松」のEUへの輸出が10月1に日解禁されました。これまで輸出解禁に向けて活動を続けてきた高松市や生産者の期待の声、今後の課題についてお伝えします。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
    企業や団体が進める「SDGs」の取り組みなどを、岡山・香川の高校生が紹介する。「SDGs」によってもたらされる新たな価値を企業や団体が知り、それを高校生が学ぶことにより、私たちが住む岡山・香川がさらに元気になることを目指す。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース