ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

ごみへの関心を…ごみを使って「イノシシ」のモニュメント制作 岡山・真庭市

2018年11月05日 18:15

 普段捨てているものがあっと驚くものに変わります。岡山県真庭市で、ごみをつかったモニュメントの制作がはじまりました。

(記者)
「こちらすべて真庭市で出たごみです。洗面器やバケツなどプラスチック製品もありますが、こたつのヒーターなど、形や材質も様々です。そして、色も黄色や水色黄緑などがあり、こちらをすべて型枠に貼り付けてオブジェを完成させます」

 真庭市久世で始まったモニュメントの制作です。今年真庭市が選ばれた「SDGs未来都市」の取り組みの1つとして行われます。

 材料は、市内で捨てられた「ごみ」。このごみで、イノシシをモチーフにした「真庭のシシ」を制作します。

 制作するのは、真庭市出身のアーティスト「淀川テクニック」の柴田英昭さんです。

 柴田さんは、2003年からごみを使ったモニュメントを制作していて、玉野市の宇野港にある「宇野のチヌ」もごみで制作しています。

 「真庭のシシ」のモニュメントは、全長5メートル、高さが3.1メートルです。ごみに穴を開け、ひとつひとつ丁寧にくくりつけていきます。

(淀川テクニック/柴田英昭さん)
「もとは何か使われていたものなので、その記憶みたいなのが絶対つまってるはずなので、それを生かせたらいいなと思いながらつけてます」

 真庭市ではこの5年間で人口が約2600人減りましたが、ごみの量はほとんど変わっていません。ごみでモニュメントを制作することで、市民の「ごみ」に対する関心を高めることが制作の狙いです。

 「真庭のシシ」は、11月28日に旧遷喬尋常小学校でお披露目する予定です。

(淀川テクニック/柴田英昭さん)
「ごみってただ消えていく。ごみ収集車の人が持って行けば、家の中はただきれいになるじゃなくて、結局どこか自然のサイクルの中にどこかで戻ってくるものなんだなと。ちょっと一瞬考えてもらえると、またちょっと見方が変わってくるかもしれないなと」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】書店で販売も!小学生が本の魅力を伝える「ポップ帯」づくり 高松市

2020年08月06日 18:50

 高松市の小学生が本の魅力を伝える「ポップ帯」づくりに挑戦しました。自分で選んだお気に入りの本に。キャッチコピーを考えたりカラフルなイラストを添えたりしてPR。完成した帯をつけた本は、実際に本屋さんで販売も。ユニークな授業に密着しました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース