ホーム > 会社見学 > 高松市立亀阜小学校

会社見学

これまでの見学者

たくさんの方が Park KSB へ見学に来てくれました。その時の様子をご紹介します。

高松市立亀阜小学校 / 萱原 里菜 さん

2017年2月1日(水)
KSBでは、スタジオや副調整室、主調整室に入りました。社会の学習では、緊急特別番組や速報は、通常の番組を変こうして行うとしか知りませんでした。しかし、実際にKSBに行くと、ランプがついて緊急特別番組や速報を知らせてくれ、主調整室の人が、番組を変こうして流すと分かりました。
私は、この学習で、たくさんの体験をして、テレビ番組を作るのは大変だと分かりました。特に、私はカメラ目線で原こうを読むのがむずかしかったです。

高松市立亀阜小学校 / 新川 慶 さん

2017年2月1日(水)
ぼくがKSBの中を見学させてもらってすごいなと思ったところは3つあります。
1つ目はサブ(副調整室)のことです。いろいろなボタンがいっぱいあってどのタイミングで字幕を出したりBGMを流したりするのを覚えていると知ってびっくりしました。
2つ目はマスター(主調整室)についてです。テレビ局の心臓部と分かりました。マスターから家に電波を送るさいに当然障害物があるので山の上の高い所に鉄とうを建てて工夫していることを知りました。
最後にスタジオのことです。思ったより小さくてびっくりしました。1000ワットのライトをつけていて想像できませんでした。
ぼくは、この見学を通して、情報を正しく伝える工夫がされていることが分かりました。すべての仕事を通して、たくさんの社員のみなさんが協力して会社を支えていると分かりました。

どうもありがとうございました!