ホーム > 報・動・力

報・動・力

報道には、人を、街を、社会を動かす力がある─エリアで問題になっていることや地域の人々が悩んでいることから毎回テーマを設定。若い人たちと共に地域の今と未来を考え、エリアの人と人をつなぎ、声を掘り起こし新たなムーブメントを起こす!

報・動・力で『取り上げてほしいこと』『知りたいこと』募集!!

>>詳しくはこちら

ナビゲーター:多賀 公人

岡山県玉野市出身。
KSBスーパーJチャンネルのキャスター
「人と人、地域と地域の懸け橋となりたい。」

写真:多賀 公人

CM動画

テーマ

2019年2月16日(土)あさ9時30分~
再放送:2月18日(月)深夜1時55分~

第62回「ともに学ぶ ~岡山自主夜間中学の1年~」

今回の報・動・力はドキュメンタリーをお送りします。

2017年、岡山に初めて誕生した「自主夜間中学」。
ここには戦後の混乱や貧困・不登校など、様々な事情で学べなかった人たちが、
年齢も国籍も関係なく「学び直し」の場を求めて集まってきます。
「分数ができた!」
「ローマ字が書けた!」
スタート当初は、誰もいなかった教室が、今は熱気に包まれています。

「学ぶことは生きること。」 代表の現役教師・城之内さんはこう話します。

1年間の密着取材で見えてきた「学び直し」から生まれた想いやつながり。
夜間中学の意義や可能性、課題について考えます。

前回のテーマ

2018年8月11日放送

第61回「西日本豪雨~救えたはずの命~」

岡山県に甚大な被害をもたらした西日本豪雨から1カ月にあわせ、
緊急生放送でお伝えします。
大規模浸水はどのように起き、人々の生死を分けたものは何だったのか?
生存者の証言や遺族の声、浸水のメカニズムを検証する専門家の意見も交え、
将来の災害への備えを考えます。

<出演>
多賀 公人
辻 紗樹(KSBアナウンサー)

ほか

報・動・力バックナンバー