ホーム > 報・動・力

報・動・力 毎月第3土曜日 深夜0時45分から放送 ~地域を動かす力に~

報道には、人を、街を、社会を動かす力がある─エリアで問題になっていることや地域の人々が悩んでいることから毎回テーマを設定。若い人たちと共に地域の今と未来を考え、エリアの人と人をつなぎ、声を掘り起こし新たなムーブメントを起こす!

報・動・力で『取り上げてほしいこと』『知りたいこと』募集!!

>>詳しくはこちら

ナビゲーター:多賀 公人

岡山県玉野市出身。
KSBスーパーJチャンネルのキャスター
「人と人、地域と地域の懸け橋となりたい。」

写真:多賀 公人

テーマ

2017年3月18日(土) 深夜1時~放送予定
再放送:3月20日(月) 深夜1時55分~放送予定

第48回 「待ったなし!地方こそ『働き方改革』を」

3月の放送は、政府が掲げている「働き方改革」がテーマ。
「働き方改革」という言葉はよく聞いても、実際に何をするのか、何のためにするのか理解は深まっていません。
また、特に地方企業では人手、人材不足から「そうは言っても、実際は取り組めない…」というホンネを抱いている経営者や管理職も多くいます。
番組では「働き方改革」に積極的な岡山・香川の企業への取材やゲストを交えた討論を通じ、なぜ働き方改革に取り組む必要があるのかを考えます。

現在、鋭意取材中です。
内容、出演者の詳細は後日お知らせします。

前回のテーマ

2017年2月18日放送

第47回「常識破りのハコモノ!にぎわう公共施設とは」

2月4日にオープンした高梁市の「高梁市図書館」は、ツタヤなどを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブが指定管理業者として運営に当たる全国4番目の図書館です。スターバックスコーヒーや観光案内所も併設されて注目が集まっています。

公共施設は、国の方針で統合などの見直しを迫られています。
各自治体の運営する図書館をはじめとする公共施設が、これから多くの住民に利用されにぎわう施設になるために、どのような「ハード」「ソフト」「運営」が求められているのか?

オープンした高梁市図書館の全貌を明らかにするとともに、佐賀の図書館や岩手の複合施設の先進事例も紹介しながら、ディスカッションします。

<出演>
多賀 公人
松木 梨菜(KSBアナウンサー)
東洋大学 客員教授 南 学
高梁市長 近藤 隆則
久米南町立図書館 国忠 敬子
高梁市市民代表 土井冨弘
丸亀市住みます芸人 丸亀じゃんご

ほか