ホーム > 報・動・力 > 第56回 世界アスリートを生み出すには何が必要か?

報・動・力 毎月第3土曜日 深夜0時45分から放送 ~地域を動かす力に~

報道には、人を、街を、社会を動かす力がある─エリアで問題になっていることや地域の人々が悩んでいることから毎回テーマを設定。若い人たちと共に地域の今と未来を考え、エリアの人と人をつなぎ、声を掘り起こし新たなムーブメントを起こす!

報・動・力で『取り上げてほしいこと』『知りたいこと』募集!!

>>詳しくはこちら

ナビゲーター:多賀 公人

岡山県玉野市出身。
KSBスーパーJチャンネルのキャスター
「人と人、地域と地域の懸け橋となりたい。」

写真:多賀 公人

テーマ

2017年12月30日放送

「報・動・力 2017総集編~何が動いた?~」

事実を伝えるだけの「報道」から、人や街、社会を動かす「報動」へ・・・
番組では、毎月、岡山・香川の様々な課題について地域の人たちとの対話を通じ、
アクションやムーブメントにつなげる提言を行っています。

12月の放送は「2017年の総集編」として、1月から11月まで取り上げたテーマの中から、
特に視聴者からの反響が大きかったもののダイジェストと、その後の動きなどをお届けします。

2月、高梁市に誕生した新しい図書館。にぎわいを生み出すことはできたのか?
全国的に問題になっている「待機児童」。受け皿確保や保育士不足の現状は…
そして、高松市の屋島活性化に向けた取り組みには新たな動きも。市長を直撃しました。

<出演>
多賀公人
辻紗樹(KSBアナウンサー)
松木梨菜(KSBアナウンサー)
ほか

報・動・力バックナンバー