遠く離れた東京から
地元をアッと驚かせる
アイディアを発信したい

東京支社ユニット
森永 樹

最初のイメージから一転

就職活動をしていた時は、業界を絞っての活動はしていませんでしたね。どちらかというと、岡山県出身で「地元の役に立ちたい」という気持ちが強かったので「地元に恩返しができる」企業に就職したいと思っていました。その点、KSBは岡山・香川エリアのテレビ局ですし、自分にも何かできることはあるんじゃないかと思って、会社説明会に参加しました。それまでは、 KSBに対してとても真面目な放送局というイメージがあったんですが、説明会に来ていた先輩方の話を聞いて、KSBはテレビだけにとらわれずフラットに色んなことをしている面白そうな会社なんだと驚きました。その後、採用通知をいただき「これから地元で頑張ろう!」と心を決めたのですが…まさか東京支社で働くことになるとは(笑)。

先輩と仲間

僕はもともと営業志望だったのですが、新卒で営業として、また社会人としても未経験であったため最初はとても不安でした。ですが、東京支社の先輩方にとても暖かく迎えられ、2年が経過した今でも営業のことはもちろん社会人としてのノウハウをしっかりと学ばせてもらっています。
また、プライベートでは大学時代にバスケットボールをやっていた経験から、某大手広告代理店のバスケットボール部に参加しています。他のテレビ局の方も参加しているので、テレビ局の営業仲間として仕事やプライベートの悩み、考え方を共有することもあります。そうやって社外の方と交流することで他のテレビ局とKSBの違いが分かって、いい意味で「KSBって『テレビ局』らしくないなー」と思うこともあります。例えば、企画書や提案書などでは「なぜやる必要があるか」にとことんこだわりますし、かと思ったらキュレーションサイトでニュース配信をするなど自由にアイディアを出せる環境もありますし。本当に面白いテレビ局です。

テレビ局の営業って?

テレビ局志望の方でも意外と知らない人も多いかもしれませんが、テレビ局の営業はクライアントの課題に対して解決につながる企画を提案しています。テレビ局の売上の大部分はクライアントからの広告収入で、中でも最も多いのがCMを放送する枠(時間)を使った提案です。テレビ局の営業としてクライアントに満足してもらえるように、KSBならではの企画を常に考えます。クライアントの要望に対して「KSBならこんなことができます!」という提案がガッチリはまった時は嬉しいですね。最近はテレビだけでなくクライアントニーズの高いデジタル領域での提案をする機会もあり、営業としての幅も広がってきたように思います。
でも、クライアントの要望を聞くだけではなく自社内での調整もとても重要なんです。なので、僕自身がクライアントとKSBの橋渡しとなってお互いが納得できるようなポイントを探します。それも営業の大事な役目です。

アイディアと熱意!

僕の目標は「岡山・香川エリアの視聴者はもちろん、KSBで働く人も驚く面白い企画を作る」ことです。もちろん、クライアントの要望を叶えることが大前提です。KSBにしかできないような、地元の特色を生かしたアイディアを日々考えています。なので、一緒に「こんな企画はどうだろう?」「あんな企画もいいかも!」と楽しんでアイディアを出せる人と一緒に仕事がしたいです!とはいえ、毎日がそういった楽しい仕事ばかりではないので、仕事で何か壁にぶつかった時でも前向きに挑める熱意を持つことも必要だと思います。

応募はこちらから

プロフィール

2017年入社/岡山県出身
岡山大学 教育学部卒

「地元である岡山に貢献したい!」という強い想いでKSBに入社。入社後は営業をやりたいという希望は叶ったが、配属が東京支社ユニットでびっくり!初めての県外生活にも今は慣れ、自分の考えた企画で岡山・香川の人たちを喜ばせたいという目標に向かって、日々営業活動に奮闘中!

とある1日の仕事の流れ

9:30
出社
営業朝会
昨日の活動、今日の予定の共有
9:45
メールチェック、
見積作成、社内調整、
企画書作成などデスクワーク
12:00
広告代理店の同期とランチ
ランチを楽しみつつ、仕事の情報交換
13:00
13:30
某クライアント訪問
広告代理店も交えての企画打ち合わせ
15:00
担当代理店との打ち合わせ
17:30
帰社
上司への相談、デスクワーク
18:30
20:00
退社