流行の最先端に触れられる。
これってテレビ局ならでは!

東京支社ユニット
松尾 一樹

やっぱり映像。活字媒体には興味なし

大学のゼミでは、情報の取捨選択や活用方法(メディアリテラシー)について学び、それを小学生に教えることもやっていました。そこで情報を発信する面白さに惹かれ、テレビ局に絞って就職活動をしました。なぜテレビかというと、やっぱり映像の力ですね。映画サークルに入っていたってこともあるんですが、映像は撮り方、そして音声や文字情報との組み合わせで、伝わり方が大きく変わってくる。伝え手の力量で情報の良し悪しが決まる、その振れ幅が一番大きいと思うんです。聞けばKSB瀬戸内海放送は、取材も編集も全部自分ひとりでやるらしい。ここだ!と思って、無事内定も貰えたので(笑)入社しました。

営業にも報道の経験が生きている

最初の配属先は報道でした。2年記者を経験したあと高松本社で営業を2年、そして現在東京で営業をやっています。最初営業と聞いた時は正直自分にできるかなぁと思ったんですが、結局やることは同じなんですよ。ニュースネタを拾うのも、お客様から必要な情報をもらうのも、人脈を広げて信頼関係をつくる。これが出来ないと話になりません。人とのコミュニケーション、これに尽きると思います。その点僕には報道の経験がありますからそれが話題の1つになりますし、どのような情報がテレビで取り上げてもらえやすいかといった勘所も分かっているつもりですので、それが営業で役立っていると感じています。

マーケの最先端に触れられる楽しさ

学生当時、僕は地元就職を希望していましたが、今は東京での営業が楽しくて仕方ありません。1つ1つの仕事の達成感もありますが、東京にいると日本を代表する大企業のマーケティングを垣間見ることができるんです。それも1社や2社じゃなくて、ありとあらゆる業界・企業の戦略に触れられる。ベタなところで言うと新商品の情報もいち早く知ることができますし、そのマーケ戦略の一端に僕も関わらせてもらっている訳で、成功体験も失敗体験も、全てが僕の血肉となって成長できているのを実感しています。あと細かいところで言うと、大学の同級生たちが地方から東京本社に異動になり始める年齢なんですね。これまでプライベートでしか関わりがなかった友人が、仕事でも絡むようになりつつある。多種多様な企業と取引があるテレビ局ならではだと思いますが、これも密かな喜びになっています。

求む、常識ある奇人変人

奇人変人というと語弊があるかも知れませんが、何か特定の分野にむちゃくちゃ詳しいとか、誰もやらないようなニッチな趣味に長年取り組んでいるとか、そういうキャラの立った人と仕事がしたいですね。自分にはないものを持っている人と一緒に仕事をすると、新しいナニかが生まれてきそうな気がします。飲み会でのネタにもなりますし(笑)。気づけば僕も6年目、まだまだ若手と言われる存在ですが、6年経つと世の中は大きく変わります。情報が溢れる東京で、揉みくちゃになりつつも一緒に切磋琢磨しながら成長していける、そんなガッツある人を待っています。あ、もちろん、社会人としての最低限の常識はお願いします(笑)。

プロフィール

2011年入社/香川県出身
早稲田大学人間科学部卒

入社後、報道クリエイティブユニット(高松本社)に配属。とある事件の取材で、ANN月間賞を受賞したことも。2年後に高松本社営業ユニットに異動、2015年から東京支社ユニットへ配属となる。

とある1日の仕事の流れ

9:30
出社
営業朝会
昨日の活動、今日の予定の共有
9:45
10:00
メールチェック、見積提出、
企画書作成などデスクワーク
12:00
同僚と昼食。
毎日違う店に行くようにしている
13:00
14:00
某クライアントの
新商品発表会に参加
15:00
15:30
別のクライアント訪問
16:30
17:00
担当広告代理店訪問
18:00
18:30
上司との相談、デスクワーク
20:00
退社