ホーム > にこまる > にこまるキッチン

にこまる

にこまるキッチン

身近な食材を使った「アイデア料理・美味しい料理」を料理の先生に調理していただき、番組内で作り方を紹介します。

混ぜ込み鯛めし

混ぜ込み鯛めし

2017年4月14日放送

鯛アラをほぐし身にして、鯛めしの素を作ります。鯛アラをゆでるときにでる汁で鯛汁も作りましょう。

材料4人分

  • 鯛アラ 300g
  • 少々
  • みりん 大2
  • 薄口しょうゆ 大2
  • 少々
  • 白ご飯 4杯分
  • ショウガの千切り 5g
  • 三つ葉 4本
  •  
  • 鯛汁
  •  水 カップ3
  •  昆布 5cm角 1枚
  •  薄口しょうゆ 小1
  •  塩 小1/2
  •  ナバナ 4本
  •  三つ葉 4本

作り方

  1. 鯛アラに塩をふり、15分ほど置く。
  2. 沸騰して少しおいたお湯を鯛アラにかける。すぐに水にとって竹串で血合い・ウロコを取る。
  3. 鯛アラを水から昆布とともに沸かし、弱火にして5分煮る。ペーパーを通して漉す。漉した汁はとっておく。
  4. 鯛アラは身をほぐして鍋に入れ、鯛のアラ汁と薄口しょうゆとみりんで味付けして煮、塩で味を調える。
  5. ショウガは千切り、三つ葉は2cmに刻み、だしで使った昆布も千切りする。白ご飯に鯛のほぐし身とショウガ、三つ葉、昆布を混ぜ込み、混ぜ込み鯛めしの完成。
  6. 沸かした鯛のアラ汁に、カマを入れ薄口しょうゆと塩で味を調える。塩ゆでしたナバナと結んだ三つ葉を添えて鯛汁の完成。

過去のレシピはコチラ

山中美妃子
プロフィール
料理学校の家で生まれ育ち、現在個人レッスン中心のジュヌヴィエーヴ料理教室を自宅にて夫婦で開いている。
『よく聞かれるんですが、家の食事は九割がた二人で作っています。二人の子供とともにおおむね“家食べ”しています。』
『料理上手になるひけつは、まずおいしい料理を作ろうと思うこと。早く作ろうや安く作ろう、洗い物は少な目にとか、保存の為に沢山作ろうとかは料理の目的ではなく、あくまでも結果論。』
『にこまるキッチンでは、料理の作り方と一緒に、作るときの気持ちが伝えられればいいなあと思っています。リクエストやご質問お待ちしています。』
写真:山中美妃子

にこまるキッチン料理のリクエスト受付中!