ホーム > にこまる > にこまるキッチン

にこまる

にこまるキッチン

身近な食材を使った「アイデア料理・美味しい料理」を料理の先生に調理していただき、番組内で作り方を紹介します。

焼き栗と茸のクリーム煮

焼き栗と茸のクリーム煮

2018年10月20日放送

栗料理のハードルを下げるため、焼き栗にして実を取り出すことにしました。
そのまま食べても美味しい焼き栗ですが、料理に加えたり、デザートに添えたりと色々な使い方で秋の味覚をお楽しみください。

材料2人分

  • 8個
  • 500ml
  • 少々
  • キノコ
    (マイタケ、シメジ、エリンギなど)
    200g
  • エビ 150g
  • タマネギ 1/4個
  • バター 15g
  • ブランデー 小2
  • 豆乳 150ml
  • 塩、コショウ 少々
  • イタリアンパセリ 適宜

作り方

  1. 栗は鬼皮にタテに切り目を入れ、塩少々入れた水に約1時間浸ける。
    水気をふき、アルミホイルの上に切り目が上になるように栗を置き、オーブントースターで10~15分程焼く。
    あら熱をとり、実をスプーンで取り出す。
  2. キノコ類は石づきを取り、手で割く。
    エビは背ワタをとり、殻をむき、水気をふく。
    タマネギはタテに薄切りにする。
  3. フライパンにバター半量を溶かし、タマネギがしんなりするまで弱火で炒め、取り出す。
  4. 残りのバターとキノコとエビを中火で炒め、焼き目がついたらブランデーを加える。
    アルコールをとばし、(1)の半量、(3)の玉ねぎ、豆乳を入れて2~3分煮詰める。
  5. 塩、コショウで味をととのえてお皿に盛り、残りの栗とイタリアンパセリを添える。

過去のレシピはコチラ

山中美妃子
プロフィール
料理学校の家で生まれ育ち、現在個人レッスン中心のジュヌヴィエーヴ料理教室を自宅にて夫婦で開いている。
『よく聞かれるんですが、家の食事は九割がた二人で作っています。二人の子供とともにおおむね“家食べ”しています。』
『料理上手になるひけつは、まずおいしい料理を作ろうと思うこと。早く作ろうや安く作ろう、洗い物は少な目にとか、保存の為に沢山作ろうとかは料理の目的ではなく、あくまでも結果論。』
『にこまるキッチンでは、料理の作り方と一緒に、作るときの気持ちが伝えられればいいなあと思っています。リクエストやご質問お待ちしています。』
写真:山中美妃子

にこまるキッチン料理のリクエスト受付中!