ホーム > にこまる > にこまるキッチン

にこまる

にこまるキッチン

身近な食材を使った「アイデア料理・美味しい料理」を料理の先生に調理していただき、番組内で作り方を紹介します。

カブとすり身団子の中華スープ

カブとすり身団子の中華スープ

2019年2月9日放送

カブは免疫力を高めてくれる冬野菜です。とろけるように煮るために皮は厚めにむき、その皮と葉でお漬物にすると無駄なく丸々使えます。
すり身団子は、火が強くても弱くてもと煮崩れてしまうため、カブとともに火加減に気をつけて煮るのがポイントです。

材料4人分

  • ▼すり身団子
  •  鯛など(切り身) 2切れ
  •  鶏挽き肉 100g
  •  酒 大2
  •  薄口しょう油 大1
  •  塩 少々
  •  卵 1個
  •  金時人参 30g
  •  ショウガ 10g
  •  白ネギ 5cm
  •  トウガラシ 1本
  •  片栗粉 大4
  •  カブ 2個
  •  塩 3g
  •  
  • ▼中華スープ
  •  水 700ml
  •  中華スープの素 大1
  •  酒 大1
  •  薄口しょう油 大1
  •  塩、コショウ、ゴマ油 少々

作り方

  1. カブは葉と根に切り分ける。根は8等分に切り、皮をむく。葉は沸騰した湯に塩を加えて茹で、水にさらした後、半量を4cmの長さに切る。
    (※カブの皮は細切りにし、2%の塩をしてしばらくおいて、水気を切る。茹でた葉の半量を小口切りにして合わせ、お漬物にする。)
  2. すり身団子を用意する。
    鯛の切り身は皮をとり、包丁で叩いてすりつぶす。
    金時人参はみじん切りにして水から茹でる。
    ショウガ、白ネギ、唐辛子はみじん切りにする。
    すり身団子の材料をすべてボウルに合わせる。
  3. 中華スープの材料を鍋に合わせて沸かし、カブを加えて弱火で5分煮る。
    (2)の団子をスプーンで入れ弱火で10分煮る。盛り付けてカブの葉を添える。

過去のレシピはコチラ

山中美妃子
プロフィール
料理学校の家で生まれ育ち、現在個人レッスン中心のジュヌヴィエーヴ料理教室を自宅にて夫婦で開いている。
『よく聞かれるんですが、家の食事は九割がた二人で作っています。二人の子供とともにおおむね“家食べ”しています。』
『料理上手になるひけつは、まずおいしい料理を作ろうと思うこと。早く作ろうや安く作ろう、洗い物は少な目にとか、保存の為に沢山作ろうとかは料理の目的ではなく、あくまでも結果論。』
『にこまるキッチンでは、料理の作り方と一緒に、作るときの気持ちが伝えられればいいなあと思っています。リクエストやご質問お待ちしています。』
写真:山中美妃子

にこまるキッチン料理のリクエスト受付中!