ホーム > にこまるワイド > らぶせとマルシェ > マスカット・オブ・アレキサンドリア

にこまる

らぶせとマルシェ

岡山・香川にはこんなにすばらしい食材が!地域を元気にする旬の食材を紹介します。

第4回

マスカット・オブ・アレキサンドリア

2012年7月26日

  • 大きい粒をたっぷりつけた大きな房!

  • ビニールハウス内は、1日に何度も温度調整されます。さらに季節、その日の天気によっても変わってくるそうです。

  • 先端より房の上部の方がよりおいしいそうです。
    ちょっと意外ですよね!

  • このマークが船穂町産の証!船穂町の農家さんたちは、このマークにプライドを持って栽培しています

岡山県倉敷市船穂町で、約60年前から栽培されているのが、世界三大美女の一人、クレオパトラが好んで食べたといわれることから「果物の女王」と呼ばれているマスカット・オブ・アレキサンドリア。
甘みの中にさわやかな酸味があり、そして香りとが絶妙なバランスでとても芳醇な味わい。
この地で3代続く農家の平本純大さん(36歳)のビニールハウスにはエメラルド色のキレイなマスカットが実り、収穫真っ只中です。


マスカットは細かい温度管理のもと育ちます。季節、天候、時間に合わせてハウス内の温度を調整。さらに1房1房手間かけて管理されます。こうして栽培された船穂町のマスカットは味も見た目もいいと全国からも信頼されています。
しかし、岡山県内最大のマスカット産地である船穂町ですが、実は種無しぶとうなど他品種に切り替える農家が増えたり、高齢化のため生産者数、生産量ともに減少中だそうです。90年代半ばのピーク時と比べると岡山県内の栽培面積は約半分に落ち込んでいます。
平本さんたちはそんな逆境の中、船穂町のマスカットの味、品質を守り続けようと努力を重ねています。

収穫時期:5月下旬~9月

マスカットについてる白い粉が見た目を引き出す!
マスカットが実を守るため、自ら出す「ブルーム(果粉)」。これがあるとよりいっそう美しく見えます。これをはがさないように丁寧に作業をします。
船穂町で作られたマスカットは一発でわかる!
船穂町で栽培されたマスカットは船穂マークがつけられます。船穂町のマスカットは品質がよいと全国的に信頼されています。

らぶせとメッセ-ジ

  • 平本 純大さん

  • 船穂という産地と、船穂ブランドを守っていきたい。
    種があってこそのマスカット。
    甘みがあって酸味もある品のあるマスカットを作り続けたいです。

平本さんによると、ここ数年、マスカットを栽培するために県外から移住してきた若い人達もいるそうです。
「ライバルとして刺激し合い、船穂町のマスカットを高めていきたい」と語っていました。

豪華!!マスカットたっぷりの期間限定パフェ

  • 岡山駅の前にある岡山全日空ホテルのレストラン「カフェ ウルバーノ」では7月から8月31日まで、期間限定でマスカットを贅沢に使った「船穂町のマスカットかき氷パフェ」が食べられます。シェフが船穂町で食べたマスカットの芳醇な香りと品のよさに心を奪われ、一昨年からマスカットを使った期間限定パフェが登場!
    毎年アレンジが変わり、今年はカキ氷パフェ。マスカットジュレ、マスカットのシロップかき氷、そしてたくさんのマスカットが豪快にのっています。昨年は約900食も売れた大人気のパフェです。

お問い合わせ JA岡山西 船穂直売所 TEL:086-552-5000

※これらの情報は放送時のものです

バックナンバー

バックナンバー

らぶせとスーベニール

らぶせとマルシェ

らぶせとキッチン