にこまる

らぶせとマルシェ

岡山・香川にはこんなにすばらしい食材が!地域を元気にする旬の食材を紹介します。

第1回

大内パセリ

2012年4月26日

  • 温暖な気候、風通しがよい大内地区はパセリ栽培に最適な環境!

  • 左上から、ニンジン・薄焼き卵・パセリを巻いた「パセリ巻き」、「パセリの天ぷら」、「ヨーグルトのパセリ和え」

  • 香川県東かがわ市の大内地区。ここで年間およそ200トンも県内外に出荷されているのが「大内パセリ」。中四国地方では有数のパセリの産地となっています。
    大内パセリは柔らかい土で育つため、養分の吸収がよくなり、一般的なパセリと比べて色も鮮やかで、苦味やクセがなく食べやすいのが特徴!
    大内地区では、「パセリは添え物」というイメージを払拭しようと、パセリを使ったさまざまな調理レシピ開発にも挑戦!「パセリ巻き」や「ヨーグルトのパセリ和え」など「食べられるパセリ」を広めています

収穫時期:(初夏どり)4月中旬~7月上旬、(秋冬どり)10 月下旬~5月上旬

柔らかい土が重要!
土にトウモロコシの堆肥を混ぜているため、土中に微生物が増えて土が柔らかくなり、発育がよくなる
苦味やクセがないので料理に最適!
パセリは香りがよいので、天ぷらや和え物にしたり、うどんにふりかけたり、ドーナツに混ぜたりと料理のいいアクセントにもなります。

らぶせとメッセ-ジ

  • 岩瀬 圭一さん
    大内パセリ部会部会長の岩さんはパセリ生産歴25年!!

  • 「パセリは和洋折衷で使える食材なので、どんどん広めていきたいです。」
    田村照栄さんはパセリを作りながら、特産品の開発を行う「地域特産物マイスター」として、さまざまなパセリ料理を研究しています。

「食べられるパセリ」として認知してもらえるために、パセリのブランドを開発して、品質を高めて努力していきたい。

あまったパセリを自宅で簡単に粉末状にする方法

  • パセリの葉の部分を電子レンジで加熱!

色々な料理に加えて食べられるパセリ。あまってしまっても、自宅で簡単に粉末状にできます。
小瓶に入れて保存しておけば、いつでも手軽に調理に加えられて便利ですよ。

①パセリを水洗いし、水気を十分にとる。
②葉の部分だけをちぎり、電子レンジで3分加熱する。
③軽く手でパセリを混ぜ、再び電子レンジで加熱する。乾燥具合をみながら2、3回繰り返す。
④パリパリに乾燥したら、手で砕いて粉状にしたら完成!

お問い合わせ JA香川県大内集荷場 TEL:0879-25-1719

※これらの情報は放送時のものです

バックナンバー

バックナンバー

らぶせとスーベニール

らぶせとマルシェ

らぶせとキッチン