ホーム > にこまるワイド > らぶせとキッチン > こんぴらたけのこ

にこまる

らぶせとキッチン

岡山・香川にはこんなにすばらしい食材が!地域を元気にする旬の食材を紹介します。

第11回

こんぴらたけのこ

2012年2月29日

  • タケノコは土からほぼでていないので、足の裏で、タケノコの先を感じながら探します。これには熟練の感覚が必要!

  • 粘土質の土でタケノコがおいしく育つ!

  • 春の食材で代表的なものといえば、タケノコ。まだ季節的には早そうですが、この時期からでもおいしく食べられるのが、香川県・琴平の象頭山の一帯で生産されている「こんぴらタケノコ」。
    早くから掘られるタケノコは柔らかく甘い、そして香りが抜群!
    種類は孟宗竹(もうそうちく)。粘土質の土壌がタケノコをおいしくしてくれます。

収穫時期:1月~4月(早堀りこんぴらタケノコは3月まで)

エグ味がなく、香りがよいのが特徴!
土にほぼ埋まっている状態のたけのこは、空気に触れていないのでエグ味がありません。
旬の時期よりも早く出荷するタケノコは高級品!
味もさることながら、タケノコの本来の旬時よりも早く出荷しているので、都心部で大人気!旬の時期よりも約10倍の値がつくことも!

らぶせとメッセ-ジ

  • 臼杵 英樹さん

  • さぬき「こだわり市」のみなさん

臼杵さんは、農作物を作りながら、農家が運営する農薬不使用・有機・減農薬の農作物直売所「さぬき『こだわり市』」を運営。東京のホテル・レストランからの信頼も厚い。


こんぴらタケノコはまだあまり知られていないので、知名度をあげていきたい。
レストランでも使ってもらえるような、おいしくて安全でよい野菜を作るチャレンジをしていきたいです。

生産者直伝!一番おいしい食べ方

  • 皮を残して焼くことで、タケノコに熱が伝わりやすくなります。

  • 「早掘りこんぴらタケノコのホイル焼き」

    エグ味がなく、香りがよい早掘りタケノコ。素材のよさを存分に味わえる贅沢な食べ方です。収穫後すぐ調理するのがポイント。

    ■材料(4人分)

    • こんぴらタケノコ(早掘り) 4本
    • しょうゆ 適量
    1.皮を2,3枚取り、根元を切りそろえ、たてに切り目を入れる。
    2.アルミホイルで包み、ストーブの上で約30分焼く(家庭の場合、オーブンで約15分)
    3.アルミホイルから湯気がでてきたら、ホイルを開いてしょうゆを適量かける。
    4.再度、アルミホイルを閉じ数分焼き、皮を剥いて完成!

お問い合わせ さぬき「こだわり市」 TEL:0877-58-8511

※これらの情報は放送時のものです

バックナンバー

バックナンバー

らぶせとスーベニール

らぶせとマルシェ

らぶせとキッチン