にこまる

らぶせとキッチン

岡山・香川にはこんなにすばらしい食材が!地域を元気にする旬の食材を紹介します。

第8回

円城白菜

2011年11月23日

  • 円城地区でのみ栽培されている

  • おいしさがぎゅっと詰まった円城白菜

岡山県吉備中央町の円城地区で、昔から盛んに栽培されている円城白菜。
独特の気候と土壌が育てる、甘くて柔らかい白菜は、地元の道の駅でも大人気です。

収穫時期:11月上旬~1月上旬

みずみずしい甘さ
昼夜の気温差の大きい気候が、甘い白菜を育てる。
糖度が高いので、そのままサラダにしてもOK。
芯まで柔らかい!
まるで口のなかでとろけるような柔らかさ。
粘土質の赤土で育てるため、根がしっかり栄養を吸収し、白菜の繊維が細かい。

らぶせとメッセ-ジ

  • 森山 美佐夫さん

  • 60年以上、農業一本でがんばっています。
    農業は、とにかく根性が大事!

    円城白菜を育てる上での悩みは、後継者が少ないことですが、若い人に自分の生き様を見せるつもりで、一生懸命、栽培しています。

    収穫した白菜は、自分たちで道の駅に持って行くんですよ。そのときに買ってくれた人の笑顔を直接見られることが、楽しいですね。

自分の子どものように大事に白菜を育てている森山さん。おいしい白菜を死ぬまで作り続けたいのだそう。


生産者直伝!一番おいしい食べ方

  • 「円城白菜と豚バラの塩こんぶ蒸し」

    円城白菜の水分だけで作る鍋料理は、寒い季節にぴったり。
    白菜の柔らかさ、甘みと、豚バラ肉の旨みがマッチします!

    ■材料(4人分)

    • 円城白菜 半玉
    • 豚バラ肉 300g
    • 塩昆布 40g
    • 酒 大3
    1. 3cmほどに切った円城白菜を、タテにして鍋に敷きつめる。
    2. 円城白菜のすき間に豚バラ肉を挟み、塩昆布をふりかける。
    3. 酒をかけて、鍋のふたをする。中火で約15分蒸して、出来上がり。

お問い合わせ 道の駅かもがわ円城 TEL:0867-34-0300

※これらの情報は放送時のものです

バックナンバー

バックナンバー

らぶせとスーベニール

らぶせとマルシェ

らぶせとキッチン